無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 18.ペッパー警部 | トップページ | 20.丹波・丹後および但馬 »

2011年11月19日 (土)

19.家庭教師

前の記事で、ピンクレディの事を取り上げたのは、ピンクレディを素材にしたパチンコを、最近たまたまやってみたからです。

それで、デビュー間もないピンクレディを偶然にしろ、どうして駿府公園でのイベントに一人で観に行ったのか、よ~く考えてみたところ、当時、静岡駅南の泉町にあるそば屋の息子の家庭教師をしていたので、その帰りにでも駿府公園に立ち寄ったのだろうということになりました。

確か小学校3年生で、勉強を教えるというよりも、キャッチボールをしたりして、一緒に遊んであげたような記憶があります。そうです、土曜日の午後のバイトでした。だからフェスタ静岡に行ったのです、きっと。

私が最初に家庭教師のアルバイトをしたのは、大学1年の夏頃からでした。清水市(現・静岡市清水区)の大沢町のお宅で、静岡市大谷(現・駿河区大谷)の下宿先から静鉄バスと静鉄電車に乗り継ぎ、桜橋駅で降りて、そこから歩いて20分と随分遠かった覚えがあります。クラブ(グリークラブ)の先輩の紹介でしたので、なんとか半年くらい続けましたが、片道で1時間半以上を費やしてのバイトでしたので時間の制約が大きく、結局こちらからお断りすることになりました。

その後、静岡駅南の泉町の子を含めて、短期の家庭教師をやったりしましたが、2年の秋からは、下宿先にほど近い静岡市高松(現・駿河区高松)の中学生(ピンクレディの卒業した常葉学園の2年生)を、妹の小学3年生とセットで教えることになりまして、ここは私が大学を卒業するまで続けました。そうそう、その子は西城秀樹のファンでした。常葉学園は中高一貫教育ですので、高校受験の心配はなく、私にも何のプレッシャーもないので、長続きできたのではないかと思います。

以上、30年以上前を急に懐かしく思い出しながら語る、稲生のとりとめのない‘つぶやき’でした。

« 18.ペッパー警部 | トップページ | 20.丹波・丹後および但馬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 19.家庭教師:

« 18.ペッパー警部 | トップページ | 20.丹波・丹後および但馬 »