無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2012年2月 3日 (金) | トップページ | 2012年2月 9日 (木) »

2012年2月 6日 (月)

2012年2月 6日 (月)

54.首都高

少し前から、首都高速道路(通称:首都高)を使う機会が増えたのですが、私・稲生は首都高が苦手です。

先日も千葉県に行くにあたって、東名高速を横浜町田ICで降り、保土ヶ谷バイパスの先で狩場JCTより山下町方面の狩場線に入らなければいけないのを、そのまま直進してしまい横浜横須賀道路(通称:横横道路)を進むはめとなり、金沢や磯子の方を経由して、本牧JCTにようやく合流するということをやってしまいました。

狩場JCTにて間違いをしてしまったのは、今回が初めてではなく二度目でした。この付近では、狩場JCTのすぐ手前の狩場ICで降りてしまうという間違いもしたことがあります。

それから、首都高で初めて経験したことは、ICから本線に入るのに右側車線から入ることもあるということです。横浜市の阪東橋ICから本線(狩場線)に入るときのことでした。長年高速道路を運転してきているはずだったのですが、都会の高速道路は一味違っていて、初体験したときは、それはもう驚きました。

ここまではカーナビをセットしていなかったときのことですが、カーナビで目的地をセットしていて、画面と音声で道案内をしてくれていても間違いをしたのが、向島線から堀切JCTで中央環状線に合流したすぐ後に、小菅JCTで三郷線に行かなければならないのを、そのまま左側車線を走り続けていたために右側に進めず、中央環状線を進んでしまうはめになったこともありました。このときはやむをえず、次の千住新橋ICで降りて、一般道で目的地の八潮まで進みました。

朝の6時台から異常に混雑するというのも、田舎者には驚きの事実です。東名高速をそのまま東京方面に進むと、用賀料金所を越したところで、熾烈なポジション争いがあります。料金所の6~8箇所くらいあるゲートを通過したあとに、3車線となる本線に流入するためです。東京周辺の人は、毎日こんな渋滞の中を通勤するのかと思うと、気の毒に感じてしまいます。

また、埼玉方面からの帰り道で、中央環状線の山手トンネルの中あたりからの渋滞は物凄く、大橋JCTを経て池尻か三軒茶屋あたりまでの、かれこれ10キロ以上で1時間くらいかかってしまう渋滞にはウンザリしてしまいます。

それでも現在は、埼玉県の南部や千葉県の北西部さらには東京23区が主たる訪問先となっていますので、覚悟を決めて首都高にやってくることにしています。

« 2012年2月 3日 (金) | トップページ | 2012年2月 9日 (木) »