無料ブログはココログ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 60.‘落ち穂拾い’ | トップページ | 62.我が町・はまきた »

2012年2月27日 (月)

61.県別マップル

茨城県の‘県別マップル’を購入しました。来月に今年初めてのお泊り局メグに行くための準備として必要になったからです。scissors

さて、‘郵便局めぐり’を実施していくための必須アイテムに地図があります。私・稲生の場合は、始めた当初から昭文社の‘県別マップル’を愛用しています。その理由は、郵便局を優先的に記載しているからです。book

これまでに、完訪している13府県のうち富山県を除く12府県の‘県別マップル’を使用しました。その他には、西の大阪・兵庫・和歌山・岡山・香川・愛媛・広島、東の千葉・埼玉・群馬・新潟・福島を購入・使用しています。happy01

さらに都市部を廻るために、より縮尺の大きい‘スーパーマップル’や‘街の達人’という名称の地図も購入し使用しています。これまでに‘スーパーマップル’は東海・北陸の2冊を、‘街の達人’は京阪神・横浜川崎・東京多摩・東京23区の4冊を購入・使用しています。chick

そのために東京都と富山県の‘県別マップル’は購入することなく、済ますことができました。昭文社の地図は1冊2,500円前後はしますので、易々と購入することはできませんが、時々衝動に駆られて買ってしまうこともあります。愛媛県などはその例でして、愛媛はしまなみ海道などの島部のみで、愛媛本土にはまだ上陸していませんが、楽しい‘局メグ’を夢見てついつい手が出てしまった1冊です。banana

紙ベースの地図の欠点として、データが古くなってしまうということがあります。お目当ての郵便局はそんなに変更がなくても、道路が新しく開通したり、行政区域が平成の大合併などで大きく変わってしまっていたりと、どうしても新しい地図に買い替えたくなることがあります。愛知県・長野県は2冊目を、静岡県は4冊目をすでに買い換えています。clip

こんなにたくさん投資してなんともったいないことかと、思われるかもれませんが、私の地図は幸せものです。郵便局をマークし局名を書き込むのはもちろん、平成の大合併前の市町村境界を書き込んだりと、どの地図も相当使い込んでいますので。snail

« 60.‘落ち穂拾い’ | トップページ | 62.我が町・はまきた »

趣味」カテゴリの記事

コメント

私も県別マップルは有る程度集中的に巡れそうな県を購入しています。
同じように、事前に調べたことや駐車場などの情報を書き込んでおくためです。
残念ながら北海道版が無いこと(縮尺が小さい)がありますが、北海道の場合は局間の距離が果てしないくらいな場所が多いため、20万分の1程の1000円マップを購入し重宝しています。局の記号は出てませんが、都市域以外でしたら、自らプロットしても現地ではさほど困らない誤差(さすが広大な北海道)になります。実際、局以外の目立つ建物があまりありませんので。
都市域だけは、局密度が高いので、郵便局HPから出力した地図を張り合わせて(縮尺も大きくしています)使用しています。北海道の都市域では道が広い割に一通が多いためです。
話しがそれましたが、昭文社の県別マップルですが、数年に一回くらいでしょうか、地図の表現が変わっています。見やすい表現もあればみにくいものもあります。個人的には、現行より一つ前の表現が好きです。現行の郵便局記号が赤ですと以外に見失うんです。でも、昭文社も局メグの人専用に出しているわけではないですからね(笑)
2000年がすでに10年以上前ですが、地方の県ですとほとんど道が変わっていないことが多く(高速道路やバイパスくらい)年数経過しても使用できますが、静岡県は道路整備が目まぐるしくそうも行かないですね。
東京都では東京都道路公社(名前は定かではないです)が、主要駅周辺のコインパーキングマップ(A4三つ折り)を無料で配布していますよ。

群馬さん、それぞれのテーマに丁寧にコメントいただきまして、ありがとうございます。
明日から、茨城県をメインとする1泊2日の郵便局めぐりに出かける直前ですので、ここの返信以外は、旅に帰ってからとさせていただきます。
北海道の県別マップルは存在しないのですか、知りませんでした。そういえば、新潟県のマップルの佐渡島の部分は30万分の1で、ほとんど役に立ちませんでした。そのため事前には、郵便局会社のHPの地図を貼り合わせて準備していったのですが、局メグを始める前にコンビニに立ち寄ったところ、昭文社発行の佐渡島だけの地図を目にし、それを購入したところ、大変役に立ちました。
紙ベースの地図の欠点は、データが古くなってしまうことですね。私は、新しくできた道路など、気がついた限りは、フリーハンドで書き込むようにしています。今度開通する新東名高速も書き込んであります。こういうことは、結構好きな方なのです。

茨城巡りですか~茨城県の平野部では局がけっこう散ってますのでなかなか一筆書きにはいきませんが、局数はかなり稼げると思います。結構、鄙びた簡易局も多々ありました。
茨城北部では郵便局も震災の影響を受けた所も多かったです。
ちなみに、茨城県は群馬県に続き完訪しました。茨城県は比較的、局数変化が大きくないと思います。昨年のひたちの牛久局が新設くらいでしょうか。あとは、一時閉鎖中の局が再開されればというところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1593126/44173161

この記事へのトラックバック一覧です: 61.県別マップル:

« 60.‘落ち穂拾い’ | トップページ | 62.我が町・はまきた »