2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 62.我が町・はまきた | トップページ | 64.茨城県は80局。 »

2012年3月 6日 (火)

63.花粉症

花粉症の季節がやってきました。私・稲生は幸いにも症状がないので、今のところ他人事です。ですから、ようやく春がやってくるのだなという‘向春の風物詩’として捉えています。

我が家では、妻と二人の子供が花粉症になっています。子供達は小学校の頃からですから、その発症は早いものです。後期高齢者である両親は花粉症の症状はでていません。両親ぐらいの年齢まで発症しなければセーフでしょうが、60歳過ぎてから発症する方も身近にいますので、まだまだ安心できません。50代の私もいつ発症するのかわかりません。

私の住む地域では、明治時代にスギを中心に植林を行い‘天竜美林’として林業を興隆させ、下流域の洪水被害を改善させたとして、金原明善は地元の英雄なのですが、現代の世においては、スギをたくさん植えた元凶と評価が下がっています。

金原明善翁の評価が下がっているということは、私の作った悪い冗談ですが、私が花粉症で苦しんでいる人にさらに言う冗談が、「杉山さんは好きですか?」という一言です。

ウィキペディアによると、‘花粉症’という呼称が報道等で一般的になったのが1980年前後とのことですが、大学の教養課程の生物学の授業で、一年中‘花粉症’の話をしていた教官がいました。私が大学1年のときですから、1975年のことです。この教官は確か上野教授と言ったと思いましたが、ネット検索してもなぜか出てきません。

大学入試の理科は生物だったので、生物学の授業は楽しみにしていたのですが、この教官はブタクサがどうのスギがどうのと、延々とアレルギーの話ばかりで、気がつけば一年間その話ばかりで過ぎていってしまいました。

そんな花粉が舞い出す春となりましたが、冷気も次第に収まり、私の趣味が本格的になる時期とも言えましょう。

※今回、タイトルの前に開設以来の通し番号をつけました。開設時から遡って付けましたが、記事内容は一切変更していません。

« 62.我が町・はまきた | トップページ | 64.茨城県は80局。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本日、沼津インター近くのビジネスホテルにてお泊まりです。
稲生さんは花粉症ではないのですね。幸い私も発症はしていませんが父親がひどい花粉症で一年かけて貯めた郵便局のポケットティッシュがこの季節に役立ちます。
私が、実家で暮らしていた時、ポケットティッシュ購入せずに済んでいました。
郵便局のティッシュもご自由にどうぞの場合ではなく手渡しで貰う場合地域差や時期によって収穫量がずいぶん異なるものです。年明けでは年賀状PRティッシュを掃かせるため収穫量が高いですね(笑)
ティッシュも時代とともにデザインが異なり今となれば、民営化前のティッシュ柄に出会うとドキドキします。
余談ですが、静岡県では「杉」の付く苗字の人がとても多いと思いました。私の上司も杉山です。
「室伏・勝又(種類ある?)・望月…」も客先で出あう担当者ではかなりの頻度です。

今回も、ポケットティッシュをたくさんいただきました。その数、ざっと30個。
それから、一昨年になりますが、千葉県の某局で、ポケットティッシュを1パックいただいたことがあります。これには驚きました。
室伏・勝又・望月さんは、県の中部の清水あたりから東部の御殿場ぐらいまでに多い名字ですね。私の住む県西部には、そんなにいません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 63.花粉症:

« 62.我が町・はまきた | トップページ | 64.茨城県は80局。 »