無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2012年3月31日 (土) | トップページ | 2012年4月 8日 (日) »

2012年4月 4日 (水)

2012年4月 4日 (水)

70.ABCラジオ

局メグへ行く道中から、局メグの最中に聴くのは、彼の地のAMラジオというのが通常なのですが、兵庫県におけるラジオ関西は、どうも私の趣向と合わず、大阪府下でもっぱら聴いているABCラジオにダイヤルを合わすことが多くなってきました。

滋賀県・京都府・奈良県を廻っている際は、KBSラジオをよく聴いていたのですが、大阪府下ではMBSラジオでもラジオ大阪でもなく、なぜか1008kHzのABCラジオをもっぱら聴いています。最初の動機は、たまたま周波数が合っただけのことなのですが、今や他局に変えることはほとんどなくなってしまいました。

まずは、朝6:30からの『おはようパーソナリティー道上洋三です』(通称:おはパソ)、続いて9:00からの『三代澤康司のドッキリ!ハッキリ!』(通称:ドキハキ)、午後からは曜日によってパーソナリティが変わるワイド番組、そして15:00からは『武田和歌子のぴたっと。』(通称:ぴたっと。)と、よほどのことがない限り、ABCラジオを聴き続けています。

『どうじょうようぞう』や『みよさわやすし』や『せのおかずお』『ひょうどうだいき』がどんな漢字なのか、全く分からないほどの初物の状態から聴いているわけですが、月に2度程度の聴取にもかかわらず、聴き続けているうちに、その人となりがイメージできてくるのが不思議なものです。

‘尼信(あましん)僕らの貯金箱’とか‘さいむなしや(債務ナシや)’など、関西独特のラジオCMも段々驚かなくなってきました。

さすがに関西弁をこなすほどには、なっていないものの、ラジオから流れる関西弁に、そんなに動じることがなくなってきました。同じ局を聴き続けることによって、耳が慣れてきたのかと思います。

最後に、夕方以降はタイガースのナイター中継や、試合前のタイガース贔屓の番組になりますが、ここは相手の戦力分析と思って、我慢して聴いているのですが、結局途中からつまらなくなってしまい、ラジオをOFFにしてしまうことが多いです。

« 2012年3月31日 (土) | トップページ | 2012年4月 8日 (日) »