無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2012年4月 8日 (日) | トップページ | 2012年4月13日 (金) »

2012年4月10日 (火)

2012年4月10日 (火)

72.郵便局めぐりの楽しみ方・予習編・その2

前回の続きです。

シュミレーションでは、1局目を9:03とし、2局目・3局目と書き進んでいきます。局間の遠近によって、近いところでは12分程度の間をおいて、遠いところはそれなりの時間を割り振っていきます。10局程度進めたら、調整用に10分の時間をとっておきます。この作業を進めていき、一日分を完成させます。もちろん、プラスアルファの局もだいたい5局くらいは用意しておきます。

基本的に、行程には余裕を持たせておきます。これは、実際の局メグにおいて、順番待ちがあったり、何らかのトラブルがあったりしても、そんなに大きく食い違っていかないようにしておくためです。

このシュミレーションの作業は、だいたい本番が実施される1か月前には出来上がっています。というか、ひとつの本番が終わって、その余韻が残っているうちに、次のシュミレーションをしてしまうことが多いので、1か月どころか、2・3年前にできている時もあります。

実施日の1週間ほど前には、直前の検証を必ずします。これが本番前の予習ということで、かなり大事になります。ここでは、郵便局HPにおいて、一つ一つの局の明細を調べ上げていきます。貯金可能時間の確認はもちろん、駐車場台数まで把握しておきます。駐車場の記載がない場合は、その旨メモしておきます。局名のよみがなも、ここでチェックしておきます。

忘れてはいけないのが郵便局HP上の示す場所と、手持ちの地図の記してある場所の照合です。ここまで丁寧に解説してきましたが、この照合作業を適当にやっていたために、当日うろうろしたり、電話で局に尋ねたりしたことは、数えきれないほどありました。

この直前の検証によって、シュミレーション上のコースを変更することは、かなりあります。場合によったら、シュミレーションをやり直すこともあります。これも、本番当日に楽しく廻るための作業なのですが、この直前の検証そのものも、私にとっては、苦になるどころか楽しい作業なのです。本番当日が近付いているために、ワクワクしてきます。

こんなに真剣に予習しておいても、本番当日は、予定どおりに事は運ぶことはありません。これもまた真実なり。次回は、本番当日編をご紹介いたします。

« 2012年4月 8日 (日) | トップページ | 2012年4月13日 (金) »