無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2012年4月23日 (月) | トップページ | 2012年5月 1日 (火) »

2012年4月27日 (金)

2012年4月27日 (金)

77.全国郵便局名録2012

一昨日(4/25)、『全国郵便局名録2012』が配達されてきました。

株式会社鳴美という郵趣専門の出版社の発行で、1994(H6)から概ね隔年で発行されているようですが、私は第5版となる2002(H14)に初めて購入し、次の2004版は見送ったものの、以後2006版・2008版・2010版に続き、今回の2012版で、都合5冊購入したことになります。

B5版800ページを超えるもので、全国にある郵便局の名称・住所・電話番号はもちろん、局番号・風景印の有無・ATMや貯金窓口の有無が都道府県毎・市町村毎(政令市においては区毎)に網羅されているもので、旅行貯金や局めぐりを実施していくもののバイブルです。定価は5,600円と少々高いですが、これぐらいの投資は趣味にはつきものですよね。

その後ろには、閉鎖郵便局一覧・ひらがな順の索引・都道府県別の局種別の総数・窓口取扱時間一覧表・営業休止日一覧表などなど、至れり尽くせりの内容となっています。

今は、インターネットで事前に予習をした上で、この『局名録』を当日携えていけば、不自由することは、ほとんどない時代になりました。現場で迷ったとしても、電話をして尋ねてしまえば、なんとかなってしまうのです。

この『局名録』がない頃は、NTTの職業別電話帳の郵便局のページを頼りに廻ったものですが、やっと着いたと思ったら、変則営業時間で、閉まっていたということも度々ありました。

『局名録』の重要な使い方として、各地域の郵便局の廻り落としがないか、チェックすることが挙げられます。私の場合、その当日廻り終えたすぐ後の休憩場所で、マーカーで塗ることで、消し込みをしていきます。これは、その日の成果がすぐにわかり、充実感が味わえるために、そうしています。

後日、『局名録』を眺めることでもまた、充実感を味わうのですが、そんな話は置いといて、続きを話します。『局名録』は、自分自身で常に最新状態にしていくため、インターネットにより、一時閉鎖や移転・改称などの情報をその都度書き込んでいる訳ですが、情報漏れや書き落としもあってはいけないため、2年に1度の最新版が来ると、自分が廻った局の消し込み作業に取り掛かります。私のように累計9600局を超えていくと、かなり大変な作業となっていきますが、GW期間を利用して、これから毎晩作業に取り掛かりたいと思います。

『局名録』チェックの後日談は、いずれまた‘つぶやいて’みたいと思います。

« 2012年4月23日 (月) | トップページ | 2012年5月 1日 (火) »