2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 74.郵便局めぐりの楽しみ方・当日編・その2 | トップページ | 76.群馬県は247局。 »

2012年4月19日 (木)

75.ゆうちょラリー

先日の兵庫県神戸市灘区の六甲山郵便局より、『ゆうちょラリー2011』の申請書を資料とともに投函してきました。ゆうちょラリーへの参加は今年で4回目となります。

『ゆうちょラリー』とは、旅行貯金や郵便局めぐりの同好者が、毎年の局数を競い合うもので、4.1から翌年3.31までの1年を単位としています。

私は、平成19年度(2007)までは、稲生流の郵便局めぐり=テーマを決めてその地域の実際を知る とは相反するものとしていて、参加することはなかったのですが、平成20年(2008)に暦年の集計において1,066局となり、これを年度になおすと1,444局であり、これほど多くの局を廻ったのならば、『ゆうちょラリー』において、どのくらいの順位になるのか、一度知ってみようと応募したのが、参加のきっかけでした。

2008年度の順位の方は12位と平凡なものでしたが、2009年7月に東京で開催された2008年度の表彰式には、いったいどのような方が、私より上位を占めているのかを知りたくて、参加してみました。

するとそこには、私と同じ中年のマニアの方はもちろんですが、70代のご夫婦がいらしたり、20代・30代の若者も参加していました。郵便局めぐりを趣味にする人は、私の周りには見当たらないのですが、そこには、老若男女のメグラーが集っていました。

初参加の12位に奮起したのではありませんが、翌2009は8位(実際は5位)、2010は7位とベスト10に入るようになりました。先に提出した2011も総ポイントでは2009に迫るポイントですので、ベスト10入りするものと思われます。

(2008からのゆうちょラリー参加の記録として拙HPの記録室・その11を作成しました。http://8.pro.tok2.com/~secondinou/kyokumegu/kirokusitu/kirokusitu-11.html )

2009・2010と表彰式の会場が座敷だったため、股関節の不調もあり出席を見合わせていましたが、本年は椅子席となったとの連絡もいただいたため、表彰式に参加していこうかなと考えています。

ところで、私の参加の上のポリシーなのですが、郵便局めぐりには相変わらず稲生流を貫いているため、不必要なマルチをとるようなことは慎んでいます。不必要なマルチ・・・うんぬんとは、いささか専門的な言い方なのですが、要は、『ゆうちょラリー』での総ポイントを上げたいがための訪問をすることはないということです。

上記のことについては、また機会がありましたら、このブログで‘つぶやいて’みたいと思います。

↑※コメント欄で、‘つぶやいて’しまいました。4.22追加

« 74.郵便局めぐりの楽しみ方・当日編・その2 | トップページ | 76.群馬県は247局。 »

ゆうちょラリー」カテゴリの記事

コメント

今、申請用書類を作成中で、再度局数などを数えています。
私も不必要なマルチ確保はしない方(学生時代に一回だけ、どのくらいポイントが伸びるか試すために一部のマルチ確保に走った事はありましたが…)です。今回は、急きょ訪問(閉鎖、廃止など)があったため予想外のマルチ分が増えましたが…。

学生時代はトップ10入りをしましたが、さすがに今はそうも行かないです。
ゆうちょラリー参加者以外にも巡っている人は、ふっき〜さんのようにもっといる筈なんですけど。

稲生さんあと少しで50000ポイントオーバーじゃないですか!!!
自分はざっと数えた所(市:500局〜、町村:200局〜、宝:200局〜)でした。町村局が意外にも、静岡県森町伊豆半島と山梨県南部身延市川三郷町で積み重ねることができました。

それでは、順位表内でお会いしましょう!多分20〜30位くらい…

市町村合併が進んでしまい、どんな山奥へ行っても市内であることもあり、郡部3ポイントのルールはおかしいですよね。私がかって提案した離島に高得点を付与していく方が、いいかと思います。
それにマルチの数を掛けていくのは、本当にマルチ集めに走る人が出ている訳で、私のポリシーと相反することです。私の場合、完訪した県の落ち穂拾いを積極的にしていくことで、結果としてマルチも増やしていますが、落ち穂の発生していない県、2011年度で言えば岐阜県には、富山県めぐりのために何度となく足を踏み入れていますが、途中下車して再訪することはしませんでした。
私の市部・郡部の合計ポイントが1762Pなので、立ち寄れば1762Pも一挙にポイントがあがるのですが、絶対に立ち寄ることはありません。今後も、意地でも途中下車はしないことでしょう。
そんな感じで稲生流の郵便局めぐりを続けていき、その結果をまとめてみて、ゆうちょラリーに書類を出していく、そうしたら順番がついて、そこそこ上位に入賞する。
ところで余談ですが、今年の1位の方は、郵便局めぐりに青春を賭けて取り組んでいる23歳の若者です。週5回フル回転の局メグを超快速でこなし、年間3200局だったそうです。

ゆうちょラリー毎度一位だった大阪の方では無かったのですね。ついに世代交代でしょうか
ちなみに、私がかつて学生時代に一度応募した際は62000ポイント越えでトップ10入りとなっていました。けっこうハードルが下がってきたのか、参加者減少なのかは分かりませんが…。
私も、完訪となっている茨城、群馬のマルチは特に無しです(落ち穂拾いに行く機会があれば別ですが…)
群馬県の海老瀬簡易局も海老のイラストにでもしてくれれば面白いのになんて思ってます。九十九簡易局の金子商店さんの「か・ねこ」からの猫つながりでのイラスト入りはとてもユニークで面白いです。

23歳の若者は学生さんですかね…仕事の身だと週5は不可能でしょう、ラリー目的の局巡りではなければ、お会いしてみたいですが。

すみません、連投で…
私は、簡易郵便局への特別ポイント提案をした事はありましたが、採用されず…
市でも山間部やへきち、離島も含まれるので良いかなと思ってました。

九十九の金子屋商店へは、既訪だったしましたのですね、失礼しました。
西横野の方は、委託者が変わってしばらくしてから、私たちのようなマニア向けに、わざわざ作ってくれたそうです。これは、いい作品でしたので、この後廻った局の方にも、結構好評でした。
ところで、私が唯一参加した2008表彰式に、群馬さんも出席されていたのですか?そういえば、簡易郵便局へのポイント加算を提案された方がいらしたような気がします。もしそうでしたら、一番前の右側の席で、なにやら写真をとっていた中年の変わったおじさんが私です。
本編でも書いたように、この夏の表彰式には、都合をつけて出席するつもりですので、そのときに、こちらも初対面となる1位の若者の方にもお会いする予定ですので、ご一緒しませんか?

私が唯一参加した表彰式は確かゆうちょラリー2006(2007年夏開催)だったと思います。
夏の平日は仕事の兼合い上厳しいかもしれないですが、金曜日とかでしたら、午後だけ休暇とれる可能性があります。
1位の若者さんは、今回も1位になりそうですか?

群馬さん、
書き方が悪かったのかもしれませんが、今回の2011ラリーで一位間違いなしなのが、その若者でして、一位になれば初の栄誉となります。

いえ…私の早とちりでした。という事は、今回、初めてラリーに参加と言う事なのでしょうか。
郵便局巡りのきっかけが気になる所です。

>本編でも書いたように、この夏の表彰式には、都合をつけて出席するつもりですので、そのときに、こちらも初対面となる1位の若者の方にもお会いする予定ですので、ご一緒しませんか?
→東京の会場までは、浜松から新幹線ですか?お会いできれば良いですね。

群馬さん、
ゆうちょラリー関連の話題について、ここから先はメールでやりとりしませんか。
メールアドレスを教えてください。

了解しました。
連絡先に送信いたしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 75.ゆうちょラリー:

« 74.郵便局めぐりの楽しみ方・当日編・その2 | トップページ | 76.群馬県は247局。 »