無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 112.茨城県の地域区分 | トップページ | 114.自称晴れ男だが、東京では雨男。 »

2012年9月19日 (水)

113.明石子午線郵便局

9/14は、神戸・明石方面を廻ってきました。

Photo私・稲生の郵便局めぐりは、毎月1度は泊まりがけでの局メグ。その他は、日帰りでの局メグとしています。そして私の住む浜松からみて、東と西をなるべく交互に廻るように心掛けています。

現在のところ、東は千葉・東京・埼玉を、西は大阪と兵庫を、これもそれぞれ順番に廻っていくようにしています。本当は、お泊りでこなす方が、運転も疲れないし、コストもかからない訳ですが、毎週泊まりがけでいくことは、家庭崩壊につながりかねませんので、ここは自重しているところです。

さて、9/14ですが、NO.103の記事でも示したとおり、神戸市内めぐりが残り2回となり、レンタサイクルでの訪問の方は、残暑厳しいため、後日にまわすことにして、神戸市垂水区の残り8局と西区の残り3局に絡めて、明石市内を鋭意廻ってきました。Akasisigosenn2_13

その際に驚いたのがご覧の明石子午線郵便局です。

事前の知識としては、本年6.11に明石大蔵郵便局から移転改称していて、ずいぶん粋な名称に変えたものだな。天文町に引っ越したのだから、ここは子午線の町なのだから、これも有りかな、と思っていました。

だがしかし、現地を訪問して、本当に驚いたことに、子午線上に郵便局は立地していたのでした。

Akasisigosenn3_21枚目の写真は、局者全景ですが、歩道にあるのが、子午線通過標です。後付けで調べてみると、神明国道(国道2号線)の開通時に建立されたそうです。

2枚目の写真には、局の駐車場に引かれた黄色いラインとして、子午線が示されています。

3枚目の写真は、局内に引かれた子午線です。ホントに、お見事ですね。

そして、このことをmixiのコミュニティにアップしてみたところ、局内の天井にも子午線が引かれているそうです。これは、さすがに私は見落としました。オヨヨ、残念でした。

これから行かれる方は、色々と子午線を満喫してきてください。

※今回、この写真をアップするついでに、過去の記事に関連する写真を、いくつかアップしてみました。(NO.109・110・112)

« 112.茨城県の地域区分 | トップページ | 114.自称晴れ男だが、東京では雨男。 »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 113.明石子午線郵便局:

« 112.茨城県の地域区分 | トップページ | 114.自称晴れ男だが、東京では雨男。 »