無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 116.広島遠征のお土産話 | トップページ | 118.東名集中工事 »

2012年10月 5日 (金)

117.2泊3日の貯金旅行

私はサービス業に勤務していますので、土日祝は働いて平日に2日休みを取るというパターンになっています。現在は、ローテーションの関係で水曜と金曜が休みとなっています。

中1日の飛び飛びの休みで、ちょっとしたイジメのようですが、これがそうでもなく、間の木曜に休みを取れば、3連休を作ることができ、郵便局めぐりには、もってこいのローテーションであるとも言えましょう。

私は、ここまで1万局を超える郵便局を廻ってきたのですが、泊まりがけで貯金旅行をしたといっても、1泊がほとんどで、2泊3日で廻ったのは、数えるほどしかありません。もちろん、それ以上の連泊は皆無です。

Photo_2最初に実施したのが、4年前のH21.5月の佐渡島です。この年には11月に姫路から備前までの旅も2泊で実施しました。

これに気を良くして、H22.6月にいわき市内、9月にしまなみ海道、H23は11月にとびしま海道と廻りました。そして今年は、5月の和歌山、6月の新潟、7月の岡山・香川に加え、今回の広島と、ここまで4度も2泊3日の旅をしてきました。

2泊3日の利点は、何といっても中日の二日目にたくさんの距離を運転しなくても良いということです。1泊でなく2泊でいく以上、通常よりも遠くへ繰り出すことになるので、初日と最終日は、局メグの最中も疲れが出ていたり、はたまた帰りのドライブへの体力温存を心掛けたりと、100%の局メグがどこか出来ていない訳です。ですから、それらの心配のない二日目の局メグは、心身ともに充実している気がします。

さて、この局メグを3泊以上でやれば、もっと楽しいのでは?と、お思いでしょうが、私・稲生の場合は、3日連続で局メグをするのが限界です。3日で約100局ほど廻ると、もうおなか一杯で、それ以上の連続は惰性で廻ることになりそうで、局メグのワクワクした気分が無くなってしまう気がしているからです。この辺は、若さがない証拠でもあるのでしょうけどね。

そして、問題なのは、来年度中(H25.4~H26.3)は、とある事情により1泊の局メグが限度で、2泊の局メグは自重する期間となることです。とある事情というのは、また、しかるべき時につぶやいてみるつもりですが、とにかく来年度の局メグは、今までと違う控え目の廻り方になってしまうのが残念です。

※写真は、佐渡島旅行でもっともお気に入りだった場所、二ツ亀。

« 116.広島遠征のお土産話 | トップページ | 118.東名集中工事 »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 117.2泊3日の貯金旅行:

« 116.広島遠征のお土産話 | トップページ | 118.東名集中工事 »