2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2012年11月22日 (木) | トップページ | 2012年11月30日 (金) »

2012年11月26日 (月)

2012年11月26日 (月)

130.いざ、福島へ

お客様相手に奮闘した3連休を無事終え、明日から私・稲生の3連休が始まります。

今年最後のお泊り局メグとして、2010.6月の「いわき市内めぐり」以来、2年半ぶりの東北入り、福島県入りとなります。

実は、2010に「いわき市」をテーマ地域の一つとして、東北地方への先鞭を着けたあとは、毎年コンスタントに東北入りするつもりだったのですが、あの東日本大震災によって、趣味のものの軽はずみな訪問は、控えておくべきとの考えがもたげ、昨年は遠ざかっていました。

それでも、大震災から満1年を経たということで、東北地方に足を踏み入れても問題はないのかとの判断により、今回は、白河・郡山・福島の中通りを訪問することにしました。

初日は、栃木県の那須高原SAのスマートインターを出た先の局から始めて、西郷・白河などを経て北進し、郡山の近くまで進み、2日目は、福島松川PAのスマートインターを出て土湯温泉まで回送し、そこからスタートし、松川・安達・飯野を経て、福島市内の南部・西部さらに中央部へと廻って行きます。

最終日は、土湯道路越えで猪苗代町に出て、猪苗代湖を時計回りに巡回したあと熱海経由で郡山市街地に出て、市内を時間まで廻るつもりです。

3日間の天候は曇り時々晴れもしくは晴れ時々曇りとまずまず。最低気温は1℃~2℃、最高気温は11℃から12℃と、地元遠州と比べると、それぞれ5度くらい低いのですが、雪や凍結の心配はないものと判断、ノーマルタイヤにて予定通り出発することにしています。

最終日の土湯道路越えに凍結の心配が残るのですが、その恐れがあれば東北道と磐越道を使う方法に差し替える手も考えていますので、コースそのものは変更しないつもりです。

さあ、準備万端です。本日の勤務終了が22時ですので、帰宅してお風呂に入り仮眠をとった後、早朝に出発するつもりでいます。

« 2012年11月22日 (木) | トップページ | 2012年11月30日 (金) »