無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 140.新年の抱負 | トップページ | 142.『美作・埼玉・千葉』 »

2013年1月 6日 (日)

141.今年の初詣は小国神社へ

今年の初詣は遠州森町の小国神社へ、妻と娘の三人で行ってきました。

例年、1月2日から連続5日ほどは勤務が続いているため、初詣は中旬以降となることが多いのですが、偶然にも4日の日に、私と妻の仕事が共に休みとなり、実家に帰っていた娘と連れ立って出かけてきました。

多くの日本人と同様に、神前で結婚の契りを交わし、彼岸には先祖が眠る墓参りで手を合わせ、クリスマスにはツリーに飾りつけてチキンとケーキを食べるという、神仏には全く節操のないi稲生家ですから、初詣も法多山尊永寺や豊川稲荷そして小国神社などと毎年詣でる先はマチマチです。

Photo今回は、小国神社への近道(裏道)を事前に教わって行ったため、駐車場直前での15分程度の道路渋滞で済み、問題なく参拝することができました。そして、お参りの場所で若干ながら列に並んでお参りしたのですが、これが最近の中旬以降の平日の初詣と違う点で、かえって新鮮でした。

参拝後は、入口の鳥居横にある‘ことまち横丁’でしばし休憩。ここには、知り合いの方が勤めております。

実は稲生家の新たな家訓として、「おみくじは引かない」というのを今年から設定しました。というのは、十数年ほど前に法多山で私がおみくじを引いたときに凶が出て、この年に会社を辞める事態になったことがあったのですが、その事も癒えた昨年に、久しぶりにおみくじを引いてみたところ、今度は自分ではなく娘が凶を引き、もう一度引きなおしをしたところ、これも凶を引いてしまったのです。やはり凶事が起き(内容は内緒です)、むやみに「おみくじは引かない」こととしました。

実は下旬にもうひとつの初詣として‘お伊勢参り’を計画しています。志摩市のスペイン村にほど近いところに、新たに貯金業務を開始した簡易局ができたため、‘お伊勢参り’と称して妻と実家の母(87歳)を引き連れて、‘お伊勢参り’にかこつけて訪問してしまうことを計画中です。これについては実施できた後、ご報告したいと思います。

※写真は、遠州森町の小国神社。

« 140.新年の抱負 | トップページ | 142.『美作・埼玉・千葉』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 141.今年の初詣は小国神社へ:

« 140.新年の抱負 | トップページ | 142.『美作・埼玉・千葉』 »