無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2013年1月22日 (火) | トップページ | 2013年1月30日 (水) »

2013年1月26日 (土)

2013年1月26日 (土)

146.首都圏は雪景色(?)

1/18(金)に本年2度目の局メグとして、埼玉県の春日部方面に行ってきました。

昨年末のつぶやきNO.134では、ラストに埼玉県を廻る旨記載していたのですが、例の東急東横店簡易局の年内廃止情報により、東京都内に差し替えていたため、春日部方面への局メグは、年越しでの実施となりました。

Photo
1/14(月祝)の成人の日に南岸低気圧の影響により、首都圏では積雪がありました。このことについては、テレビなどで盛んに報道されていましたので、よく承知していましたが、積雪から4日後の1/18(金)の局メグ時には、何の問題もないだろうと、たかをくくっていました。

それでも、局メグ当日の埼玉県南部の予想最低気温が-3℃で最高気温が5℃となっていたために、首都高が通行止めならば、あきらめようかとも考えていました。

遠州・浜松の自宅を出るときは、首都高は問題なく、最後の休憩地の港北PAでも通行止めや渋滞の情報がないため、そのまま東北道岩槻ICまで進めました。もし港北PAで首都高に異変があれば、房総半島の鴨川へ予定変更するという腹案も持っていました。

さて岩槻ICを降りて、いささか驚きました。田畑は一面の雪景色なのです。住宅の屋根にもかなり雪が残っています。道路は、路肩に積み上げた雪が所々に残り、自然と道路幅が狭くなっており、慎重な運転を求められました。

雪国の方には笑われるかもしれませんが、積雪がない地方に生まれ育った者としては、雪が積もることは、大変珍しい光景ですので、テンションは上がってしまいます。これは、いくつになっても変わりません。

それでも局メグとしては、郵便局の駐車場の隅に雪が残っていたり、場合によっては雪置き場となってしまっているスペースがあったりで、いつも以上に気を使う場面が多くありました。

この日は一日中、気分の高揚したまま局メグを続け、都合29局を廻ることができました。これにより、埼玉県は残り87局となり、日帰り3回の局メグにより完訪に至る道筋が、はっきり見えて来ました。

※写真は、屋根や局前道路にも雪が残っていた春日部豊町郵便局。

« 2013年1月22日 (火) | トップページ | 2013年1月30日 (水) »