無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2013年6月25日 (火) | トップページ | 2013年7月 5日 (金) »

2013年6月30日 (日)

2013年6月30日 (日)

181.鳥取県は41局、但馬国が残り23局に。

6/26・27と、鳥取県をメインとする郵便局めぐりを実施してきました。今年のテーマ地域としている岡山県美作地域には、帰り道に通過しただけで、美作地域を温存した格好のコースです。

Photo_2初日は終日雨でした。特に到着するまでの道中及び局メグ開始から2時間ほどは、土砂降り状態で、お泊まり局メグでなかったら、途中で引き返し中止とするのが順当と考えるべき天候でした。

それでも16時までの時間内に、兵庫県養父市の15局、香美町の12局を廻り、ほぼ予定通りの内容を実施できました。初日のコースは、新緑が映える長閑な農山村でしたが、あいにくの雨で、その魅力は半減といったところです。

初日の局メグにより、兵庫県北部に位置する但馬国については、新温泉町の全10局、香美町余部の1局それに豊岡市竹野町の5局及び朝来市のうちの7局の計23局を残すのみとなりました。

初日は最後に鳥取県入りし、時間延長局のゆうちょ銀行鳥取店で貯金をして終了、都合28局としました。

二日目は、平成の大合併により鳥取市内となった気高町・鹿野町と鳥取西部・鳥取南部さらには、郡家町・船岡町をかすめ河原町を廻っていくコースです。天候は終日曇りで暑くもない程よい局メグ日和となりました。

鳥取県は、今年3月に美作地域を廻った際に、三朝町の穴鴨局に立ち寄り、生涯初の鳥取県入りを果たしたばかりでしたが、道路事情が良く局数を稼げるとのマイミクさん情報どおり、予定を大きく上回る39局も廻ることができました。

今回廻ることができた39局のうち、半分強の21局が簡易局でした。簡易局はご存じのとおり、いろんな形態で店を構えており、行く先々の簡易局を楽しみにして廻りました。

冒頭で触れた美作地域は、この秋に廻る予定ですが、美作国が終わったら兵庫県但馬国の残りと鳥取県因幡国・伯耆国へと順次攻略していく欲が湧いてきました。

※写真は、大都会鳥取にある、ゆうちょ銀行鳥取店。

« 2013年6月25日 (火) | トップページ | 2013年7月 5日 (金) »