無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2013年7月30日 (火) | トップページ | 2013年8月 9日 (金) »

2013年8月 4日 (日)

2013年8月 4日 (日)

188.妻の入院

妻が入院しました。二度の出産以外では初めてのことです。

当初7/26(金)に入院して7/29(月)に手術する予定でしたが、前日午後に病院から連絡が入り、7/29(月)の入院、7/31(水)に手術に変更となったとのこと。入院付き添いのために、空けておいた7/26は、予定がポッカリ空き、急遽、埼玉方面の局メグをしてしまいました。

病名は、副甲状腺機能亢進症です。カルシウム代謝の異常が発現してしまい、外科的処置による治療(摘出)により根治するというものです。

甲状腺の裏側に米粒大に存在する4つの副甲状腺のうちの一つが肥大し、それを摘出しました。‘もの’を見せてもらいましたが、人差し指大の大きさに肥大していました。

この病気の凄いところは、手術によって‘もの’を摘出した後、15分くらいしてから血液検査を行なうと、数値が正常値に戻ってしまうことです。2時間の手術時間のうち、最初の1時間で‘もの’の摘出を施し、残りの1時間は、15分の待ちのあと血液を取り、検査の結果が出るまでの40分と、術部の後処理だということでした。

全身麻酔でしたので、さすがに手術日とその翌日は、ぐったりしていましたが、術後3日目の金曜からは、すこぶる元気になり、8/5(月)には退院の運びとなりました。

これで私の方も、通常体制に戻ることになり、8/7(水)には、次の局メグをしようかと思っています。

« 2013年7月30日 (火) | トップページ | 2013年8月 9日 (金) »