2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 221.『備中・和歌山・会津』 | トップページ | 223.『局名録2014』 »

2014年1月11日 (土)

222.今年の初メグは姫路方面へ

2014年の初メグとして、兵庫県の姫路方面へ行ってきました。

本来なら大阪府内へ行く順番なのですが、大阪市内と一部その回りを残すのみとなっているため、局メグの手段が徒歩かまたはレンタサイクルでしか選択肢がなく、折しも寒波襲来とあって、自動車ネタがかろうじて残っている兵庫県に差し替えました。

Photoそして、この姫路方面の局メグは、行程の都合上30局限定とあって、時間に余裕があり、1局目を9:30のスタートとしました。

姫路市では、NHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』の街として、今年は賑わっていくことになりそうですが、天守閣を大改修中の姫路城の方は、来年(H27)春まで、その雄姿は見られないようです。

今回は姫路城の周囲の局も含み廻っていきましたが、ゆうちょ銀行姫路店が、城の南東にあり、天守閣も眺められる素晴らしいロケーションにありました。

ところで姫路市は、平成の大合併で編入した安富・夢前・香寺・家島地区も含むと全104局と、政令指定都市のさいたま市(全100局)千葉市(全102局)とほぼ同数であり、政令市未満の都市としては、トップクラスの局数です。

今回の訪問によって、91局87.5%まで攻略が進み、残りは13局となりましたが、北端の安富地区などで4局、西端の網干地区で3局、東端の的形などで2局及び姫路駅南で4局と、少々ばらけて残してしまいました。

片道約300キロの道のりは、決して近くはないのですが、日帰りネタが少なくなってきてしまっており、残る姫路市内への訪問も、日帰りでの実施となりそうです。

※写真は、通算12,000局目となった姫路西中島郵便局。この局は、H23.10月に野里駅前局が移転改称した局。

« 221.『備中・和歌山・会津』 | トップページ | 223.『局名録2014』 »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

あらためて、本年もよろしくお願いします。
年賀状の方は事情によりお出しできませんで…

さて、今年はついに東北玄関口の福島県が本格的な攻略場所となるのですね。会津は平野がほとんどなく山間部ですので、局数よりも景色を楽しめる場所だと思います。桧枝岐村は数年前の紅葉シーズンに行きましたがよかったです。時間の流れを忘れる場所ってまだまだ日本にもあるんだなと実感しました。

また、静岡県では簡易局が新たに再開となりました…これで、富士宮市と合わせて二局の落穂ができました。まだまだ、増えるのでしょうか。それにしても、静岡県は簡易局再開の余力がまだまだあるんだなと改めて思いました。

仕事先の秋田では雪のシーズンで、ちょっと郵便局に立ち寄るのも困難(雪によって駐車場が埋まってしまい、普段の駐車台数から減っていたり、路駐が除雪作業の支障になるなど)な季節が続いています。静岡県担当だったときあらためて思いました…運転が楽だったことを…。

山形県あたりに遠征に来られた時でもお会いできればいいですね。

群馬さん、本年もよろしくどうぞ。

ノーマルタイヤ族にとって、冬の東北は決して近づいては行けない場所。春の来るのが待たれます。
そして、山梨県の甲州市なら、ひょっとして大丈夫かと思い、
甲州市玉宮かんい⇒富士宮城北⇒和田岡かんい
という‘落ち穂拾い’を密かに計画しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 222.今年の初メグは姫路方面へ:

« 221.『備中・和歌山・会津』 | トップページ | 223.『局名録2014』 »