無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 232.東京の杉並・井草と千代田・永田町へ | トップページ | 234.滋賀・京都の‘落ち穂拾い’と兵庫西宮・大阪此花へ »

2014年2月27日 (木)

233.最近の‘落ち穂拾い’

年度末が近くなり、それに向けて郵便局の改廃も多く発生する時期となっています。

これは毎年度のことですが、今年度は日経新聞が昨年11.3付けで『郵政、直営の郵便局再編 まず100局 上場へコスト減』という記事が掲載され、具体的に札幌から沖縄までの12局がリストアップされたのですから、業界(※)は大騒ぎとなりました。   (※郵便局めぐりを趣味とする世界に関係する方々のこと)

‘まず100局’と言うのが、どうやら今年度末までのことではないようですが、15年春への株式上場に向けて、廃止の嵐が吹き荒れる様相になってきました。

Photo私・稲生は、日経新聞が挙げた12局のうち、厚木テレコムタウン内局(神奈川)・りんくうタウン局(大阪)・広島空港局(広島)の3局のみが既訪だったのですが、昨年12.11に徳島ターミナルビル内局(徳島)を、12.12に高松コトデンビル内局(香川)を、12.25に荒川東尾久六局(東京)を訪問し、本年の2.21にも町村会館内局(東京)を訪問し、計7局を既訪としてきました。

残りは、北海道2局、福岡2局、沖縄1局ですので、これらは当面は自分のテリトリー外の場所ということで、このまま見送りとなります。

現実には、その他にも廃止や一時閉鎖もしくは改称の情報が次々ともたらされ、新宿広小路局(東京)・水戸駅前局(茨城)・杉並桃井局(東京)を取り急ぎ訪問しております。また3月中旬には、西巣鴨局・北豊島局(ともに東京)を一時閉鎖・廃止前に訪問すべく予定を立てております。

一方、新規開局や改称後の要訪問局も少なからずあり、南草津局(開局・滋賀)・金閣寺局(改称・京都)・関西学院前局(改称・兵庫)を明日2.28に訪問し、浜松新都田局(開局)は地元でもあるので、開局当日の3.24に訪問する予定を立てております。

その他にも、東御局(改称・長野)浦和太田窪二局(改称・埼玉)・流山おおたかの森局(開局・千葉)を、いずれ訪問する必要が出て来ました。

※写真は、昨年12/25に訪問した荒川東尾久六郵便局。来る3.21に廃止となります。

« 232.東京の杉並・井草と千代田・永田町へ | トップページ | 234.滋賀・京都の‘落ち穂拾い’と兵庫西宮・大阪此花へ »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしています。着々と攻略が進んで誠に結構なことです。

最近は落ち穂拾いの材料がどんどん出て、今年になってもう20件になりました。

貯金非扱いから扱い局への変更も長野県の市場、信濃平、岐阜県の八幡吉田と3局も出ましたね。

私は年に一度くらいバイクで全国一周して掃除をしようと溜めているところですが・・・・・

退屈なので来年度はまた郵貯ラリーにでも参加してみようかなと思っていますよろしく。

かんばらさん、お久しぶりです。
昨年暮れの北大東島へのご訪問で、全国の郵便局完訪となったのでしたね。
改めて、申し上げます。
おめでとうございます。
今年の夏に行われるゆうちょラリーの表彰式でお会いしたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 233.最近の‘落ち穂拾い’:

« 232.東京の杉並・井草と千代田・永田町へ | トップページ | 234.滋賀・京都の‘落ち穂拾い’と兵庫西宮・大阪此花へ »