無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2014年5月13日 | トップページ | 2014年5月20日 »

2014年5月17日

2014年5月17日 (土)

252.会津・新潟遠征のご報告

5/14~16の3日間に亘る遠征から帰ってきました。まだ、写真の整理などの細かな作業はこれからですが、とりあえずエピソードなどをかいつまんでお話してみます。happy01

初日は、1局目を予定していた今市局を9時半のスタートのつもりでしたが、案の定、早く到着してしまい、4局目の予定の今市清原簡易局から逆順に変更し、今市局は4局目とし、5局目の今市大谷向局へと進みました。そうそう、この間、現金輸送車と一緒の道順でした。run

鉄道沿いから、栗山局・川俣簡易局および湯西川局へと切り込むのは、やはり面倒なことでしたが、道路改良が進んでいるところもあり、まずまずでした。chick

Photo会津に入って最初の局・滝原簡易局では、4年前から閉鎖中の糸沢簡易局の動向がわかりました。新しい受託者が決まり、今年のうちには再開するようです。私としては、7月頃に、只見・桧枝岐・舘岩などの南会津方面を廻るつもりなので、それまでに再開すれば嬉しいのですが、どうなることやら。taurus

2日目は、いろいろとありました。それは行程の後半で起きました。21局目の会津高郷局のあと、阿賀川左岸の主要地方道16号で進んでいくと、渡るべきはずの明神橋が橋の付け替えか何かで通行止めとなっていました。仕方なく道を引き返し右岸の県道にて進んで行ったのですが、これで往復7㎞、10分以上のロスが生じました。(これが悲劇の始まりか?)banana

そして極めつけは、ガス欠寸前までいったことです。2日目朝のホテル出発前の『航続可能距離』は250㎞ほどでしたので、北塩原・喜多方・西会津の局を縫うように進む行程では、問題なしと判断し、二日目の局メグ終了後での給油を予定していました。9時から16時の有効時間内の給油を避けるのは、メグラーなら当然の措置ですよね。cat

『航続可能距離』が90㎞を切ると、給油ランプが点灯しますが、確か熱塩加納あたりから点灯はしていたような記憶があります。そして、それを承知しながらさらに進んでいき、前述の引き返したあとにたどり着いた22局目の笹川局では、まだ25㎞ほどありました。それが23局目の奥川局を出ると15㎞ほどに、徳沢簡易局では、なんと5㎞を表示しているのです。最寄りのガソリンスタンドは5㎞先の上野尻駅前にあります。gasstation

阿賀川沿いの国道459号から、そろそろ上っていき国道49号に出たころには2㎞を指しています。群岡集落手前のトンネルで数字は‘0’となりました。いつガス欠で止まってもおかしくない状況です。もう、半泣きの状態です。weep

そして‘0’㎞の状態で1.5㎞ほど進んだのでしょうか、駅前のガソリンスタンドまで奇跡的にたどり着きました。GSの方には、「冒険家ですね」と揶揄されましたが、もうそんなことは関係ありません。地獄に仏とはこのことです。GSのご主人が仏様に見えました。pig

実は、遠征の出発直前の13日に、徳沢駅の新潟県寄りにあるお隣の豊実局が簡易局化されるらしいとの情報が入っていたために、徳沢簡易局のあとに立ち寄る予定にしていたのですが、それは時間切れのため実現しませんでしたが、群岡局以降の残り3局を廻り切り、西会津町を完訪することができました。cherry

なにより局メグを続行できたことを良しとすることにしましょう。cat

3日目のことなどは、次回のブログで。japanesetea

※写真は、二日目の2局目に訪問した裏磐梯郵便局。局舎はもちろん看板もポストも茶色に統一されていました。

« 2014年5月13日 | トップページ | 2014年5月20日 »