無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 »

2015年1月14日

2015年1月14日 (水)

316.今年の富士山

前回の記事の続きです。pencil

1/9(金)の富士山周辺の局メグは、たったの4局でしたので、富士山を反時計周りに廻り、その素晴らしい景色を眺めながらの局メグをしてきました。happy01

冬の時期は、天気が晴れていれば、富士山を眺めるのは、そんなに難しいことではないのですが、天気は気まぐれです。最初晴れていても、途中から曇ってきたり、静岡県内が概ね晴れていても、富士山の周辺だけが終日雲がかかってしまうことも、しばしばあります。cat

Photo富士山を目当てにする場合、私には出発直前に必ず閲覧するHPがあります。それは、静岡県庁が提供する『ライブカメラ富士山ビュー』です。(リンク先は下に記載、拙HPのリンクのページにも貼ってあります。)camera

これは、清水港・富士宮・御殿場からの定点観測をしているものですから、現地に行かずして富士山の今を眺めることができる優れもののHPです。ここで、前日までの各所からの眺望を確認し、当日の天気予報を睨んでは、当日の眺望の有無を判断してから、出発することにしています。rvcar

1/9の訪問はドンぴしゃり。1/6が雨で、1/7が今一つの眺望だったのが、1/8と1/9(当日)は視界を遮る雲一つないピーカンの空に、はっきりと富士山を拝むことができた一日でした。pig

拙HP内に“稲生の富士山めぐり”という項目があります。“稲生の郵便局めぐり”と同等の位置づけになっていますが、ここのところ動きがありませんでした。昨年の4.10に訪問した富士山めぐりも、今回の記事に間に合わせるべく、取り急ぎ作成したほどです。fuji

富士山めぐりの目次を見ていくと、かれこれ10年ほど前に、富士山に対して熱心だったころがあったのを思い出しました。今持っているデジカメの方が、精度が良くなっているので、もう一度、私の中に富士山ブームが湧き出せば、たびたびの出動となることでしょう。run

さて、今回の訪問を『2015の富士山(その1)』としてHPにアップしました。一度ご覧になってください。japanesetea

※写真は、手前に芦ノ湖を配し、雪をたくさん冠した見事な富士山。箱根大観山からの1枚。

各リンク先のURL

※『ライブカメラ富士山ビュー』 http://www.pref.shizuoka.jp/~live/index.html

※“稲生の富士山めぐり” http://8.pro.tok2.com/~secondinou/fujisann/mokuji.htm

※『2015の富士山(その1)』 http://8.pro.tok2.com/~secondinou/fujisann/2015fujisann-1/fujisann-1.html

富士山がらみの拙ブログ記事ナンバー(合わせて、ご覧下さい。)

17.私の富士山 http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/15/index.html

153.今日は何の日・・・富士山の日 http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/23/index.html

180.富士山が世界文化遺産に http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/25/index.html

228.山梨・静岡両県の‘落ち穂拾い’と富士山めぐり http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/02/index.html

243.桜と富士山 http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/12/index.html

 

« 2015年1月10日 | トップページ | 2015年1月18日 »