無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 322.最近の‘落ち穂拾い’の状況・その2 | トップページ | 324.東京板橋区と練馬区へ »

2015年2月10日 (火)

323.広島県が5割超え。

2/5・6に、今年初めてのお泊り局メグとして、広島県に行ってきました。

まずは、1局目として三原市に向かったのですが、西宮名塩SAあたりを過ぎて、兵庫県・岡山県を通過していくのは、道中がとても長く感じ、正直つらいことでした

初日は、1局目・2局目が‘落ち穂拾い’であったり、1局目を10:00スタートと予定していた中で、15分遅れの10:15だったり、16局目の神田郵便局にて通帳が機械に挟まってしまい、それを復旧するのに時間がかかったりで、21局に留まりました。

Photo通帳トラブルの方は、結局、通帳繰り越しとなってしまい、新年を新しい通帳(77冊目)でスタートしたのが、1ページの21行でストップしてしまい、いささか情けないガッカリした結果となってしまいました。

二日目は、呉市の残り4局から始め、安芸郡・安芸区及び東区の都合35局。こちらは予定通り事が進みました。

この結果、二日間で56局増やして広島県の累計を348局といたしました。

広島県内の離島・架橋島の方は、大方進んでおり、残る離島は、百島・似島・宮島の3島3局となっていますし、福山から広島中区までの沿岸部もほとんど廻っているので、そろそろ半分くらいになったのかと思っていましたが、帰宅して確認してみると、残りが343局となっており、見事半分を超えていました。(稲生調べ)

まだまだ、中国山地の山深い局を多く残しています。ということは、局間も長く、道も険しい困難な場所が待ち構えているということです。このことは、ファイトが湧いてくる状況でもあります。今後の広島県入りが楽しみになってきました。

※写真は、初日20局目の川源郵便局。ラスト6局は雪中での局メグとなり、テンションが上がりました。

« 322.最近の‘落ち穂拾い’の状況・その2 | トップページ | 324.東京板橋区と練馬区へ »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 323.広島県が5割超え。:

« 322.最近の‘落ち穂拾い’の状況・その2 | トップページ | 324.東京板橋区と練馬区へ »