2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 446.野球観戦at浜松&豊橋 | トップページ | 448.本年2度目の栃木遠征のご報告 »

2016年6月 1日 (水)

447.2016交流戦に突入!

先週は、火曜日に浜松球場、水曜日に豊橋球場で野球観戦をしたこともあり、金曜日に計画していた北陸の‘落ち穂拾い’局メグを中止にしました。北陸の方は7月に延期としました。

そのため、明日からの栃木遠征は、先々週の大阪徒歩メグから数えて中12日となります。栃木県は宇都宮市の残りと県東部の那須烏山・益子・茂木方面を廻ってきます。

さて、横浜DeNAベイスターズのネタです。広島相手の3タテこそなりませんでしたが、交流戦初戦の西武戦に勝ち、5月を16勝7敗1分けのセリーグトップの成績で終えました。最大借金11を見事に完済し、5割タイに持ち込みました。

昨年の交流戦では、貯金10の首位で突入したものの3勝14敗1分けと、交流戦の最低勝率記録を打ち立ててしまい、パリーグの各チームを元気づける役回りを演じてしまいました。

今年のベイスターズはどうでしょう。この記事を読んで下さる稲生ファンの皆様でも、万年最下位のベイスターズはどうせ失速するに決まっていると、おおかたお考えでしょうが、さにあらず。

昨年の今頃、交流戦後半に育成上がりの砂田が先発するまで、左腕投手は皆無でした。ところが今は全く違います。ドラ1ルーキー今永が開幕よりローテーションを守り、4月4敗も5月4勝で防御率は堂々3位の1.66です。昨年のドラ2の石田は5月4連勝の5勝1敗で5月の月間MVP獲得間違いなしの成績となっています。砂田にいたっては、5.12の先発を最後に、先発枠が空かずに2軍調整を余儀なくされています。(ここまで1勝1敗)

今永23歳、石田23歳、砂田21歳の3人の若手左腕がいる限り、大きな連敗はないとみて良いでしょう。なお、右投手は井納30歳・4勝4敗、山口29歳・3勝2敗、モスコーソ33歳・4勝3敗に加え、4.27に勝ち投手になりながらローテ落ちとなった久保36歳・1勝3敗がおり、三浦・三嶋の出番待ち要員も控えております。

あとは攻撃陣が、調子を落とすことなく戦ってくれればよいのですが、こればかりはわかりません。交流戦を9勝以上の成績で切り抜けてくれることを願って応援することにいたします。

 

 

 

« 446.野球観戦at浜松&豊橋 | トップページ | 448.本年2度目の栃木遠征のご報告 »

野球ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 447.2016交流戦に突入!:

« 446.野球観戦at浜松&豊橋 | トップページ | 448.本年2度目の栃木遠征のご報告 »