2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 506.山梨‘マルチ捕り’と岡谷‘落ち穂拾い’ | トップページ | 508.職場の旅行で滋賀県へ »

2017年1月18日 (水)

507.大河ドラマ『井伊直虎』始まる

NHKの今年の大河ドラマ『井伊直虎』が始まりました。今年は、地元・遠州が物語の舞台となっています。

おんな城主・井伊直虎役を柴咲コウが演ずるのですが、しばらくは子役の演技を見ていく回が続きます。おそらく1月いっぱいは子役が主役であることでしょう。

さかのぼって、おととし2015年の夏、まだ堺雅人の『真田丸』の一つ前の、井上真央の『花燃ゆ』が放映されていた頃に、2017年の大河ドラマに『井伊直虎』が決定しました。

『井伊直虎』って誰?えっ、女なの?

Photo 歴史好きの私・稲生もキョトンとするほどの、無名の城主『井伊直虎』とは、一体何者かというところから、地元では観光業界やその周辺の業界を中心として、遠州地方を舞台とした物語を迎える準備が始まりました。

調べていくと、この直虎は、幼くしていいなずけが失踪し、そのため直虎は出家してしまい、成人して戻ってきたいいなずけは別の妻をめとり、そのうち父もいいなずけも殺されてしまうという、波乱万丈の人生を歩んでいきます。

そして、いいなずけの子を育て、井伊家を守っていくのですが、ひとりの女として、とても濃い人生を送った人物のようです。

さて、この歴史に埋もれていた人物について、これから1年をかけて物語を展開していくのですが、果たして全国の大河ドラマファンはどれだけついてきてくれるのでしょうか?

地元・遠州は、かなりの盛り上がりをみせているのですが、私としては、早々と見放されてしまわないか?春までもつのか?いささか、心配だけが募っているところです。

 

 

« 506.山梨‘マルチ捕り’と岡谷‘落ち穂拾い’ | トップページ | 508.職場の旅行で滋賀県へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 507.大河ドラマ『井伊直虎』始まる:

« 506.山梨‘マルチ捕り’と岡谷‘落ち穂拾い’ | トップページ | 508.職場の旅行で滋賀県へ »