無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2017年12月 6日 (水) | トップページ | 2017年12月13日 (水) »

2017年12月10日 (日)

2017年12月10日 (日)

593.岐阜・福井・富山の‘落ち穂拾い’

12月に入って最初の局メグを12/7(木)に実施しました。

と言っても、東京23区の完訪をもって、日帰りネタは無くなってしまい、日帰り可能な‘落ち穂拾い’のみ、それを許されることになっております。

今回は、12.1に岐阜県白川町の東黒川簡易局が貯金業務を開始したこともあり、岐阜・福井・富山の3県3局の‘落ち穂拾い’局メグとなりました。

Photo 早朝5時に自宅を出て、9時に白川町の東黒川簡易局へ(9:00~9:10)。ここは、長いこと郵便業務のみで営業していましたが、この度、貯金業務を開始することになりました。地方新聞への告知とか、はたまた地元への告知も一切しなかったそうですが、12.1の初日には、3人のマニア様が訪問されたそうです。こちらでは記念の干支タオルと何故か女物の手袋をいただきました。

続いて美濃加茂ICより白鳥ICまで高速道路に乗り、国道158号にて福井市の社北局へ(12:45~13:00)。約195㌔を3時間半かけて到着しました。岐阜・福井県境の前後は雪道です。当然の事ながら、今回の実施前にはスタッドレスタイヤに交換済みです、念のため。

ここは、10.23に福井若杉局が移転改称した局でした。訪問した時間には、かなり混み合っていて、冠の‘福井’を何故外したのか、尋ねるつもりでいましたが、それどころではない状況でした。

続いて休む間もなく、富山県東部の入善町に向かいます。福井ICより黒部ICまで北陸道を使い、約195㌔を2時間半かかって飯野簡易局へ(15:40~50)。富山県に入ると、時に正面に見え時に右手に見える立山連峰が、雪をかぶって美しく聳え立っていました。

ここは、昨年10.5に簡易局に降格した局で、7月上旬に小矢部及び石川県能登と小松の‘落ち穂拾い’を廻った際に、時間の関係で割愛してしまい、私としては、懸案事項となっていた局です。

単独の‘落ち葉’だったのが、10月に福井に‘落ち葉’が出来、今回12月に岐阜にも‘落ち葉’が出来たことで、少々強引ながらも3つの‘落ち穂拾い’を実施することで、懸案事項の解決に至ったのです。

帰りは、東海北陸道・東海環状道・新東名で約390㌔・5時間のロングドライブで21時に自宅に着きました。結局、一日で約960㌔の長距離運転をした‘落ち穂拾い’局メグでした。

※写真は、1局目に訪問した東黒川簡易郵便局。田舎のよろず屋でした。飼い犬が、やたらと仕事をしていて、吠えまくりでした。

 

« 2017年12月 6日 (水) | トップページ | 2017年12月13日 (水) »