無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 616.熊本遠征のご報告-その1- | トップページ | 618.熊本遠征のご報告-その3- »

2018年2月27日 (火)

617.熊本遠征のご報告-その2-

ここでは訪問順に、気が付いた事、トピックスなどを綴ってみることにします。

1局目、熊本春日郵便局。レンタカーを借りてすぐ、駅北の県道をUターンするのに、中央分離帯のポールをかいくぐって廻りました。この方がだいぶショートカットできるのですが、おそらく交通違反だったことでしょう。いきなり、思い切ったことをやったものです。

5局目、松尾簡易郵便局。浜松から来たことを話題に出したら、とても歓迎してくれて、局を持して後、わざわざ局から出てきて、ミカン(ポンカンのような種類のミカン)を二ついただきました。道中では食べずに、結局、浜松に持ち帰りいただきました。とってもおいしかったです。

Photo_39局目、小天東簡易郵便局。小高い丘の上にあり、島原湾が良く見えました。春を感じる季節です。途中では黄緑色のガードレールが両側にあり、珍しいと思いました。

13局目、大浜末広簡易郵便局。立派な民家で営業している簡易局。2019年の大河ドラマで取り上げられる金栗四三(玉名郡出身)の話で盛り上がりました。

19局目、初日の最終局、腹赤郵便局。腹黒ではありませんヨ。

二日目の1局目、熊本沖新簡易郵便局。道路沿いの看板が反対側になっていました。台風の被害にあったそうです。熊本地震の話も少ししました。

6局目、熊本野越郵便局。7局目、御幸郵便局。ともに、趣のある局舎でした。

16局目、惣領郵便局。益城町に入りました。2年前の熊本地震の話を伺いました。それはもう、大変だったそうです。ここから先の道路沿いは特に被害が凄かったそうです。

17局目、益城郵便局。左隣の道の駅では、ラジオの公開放送をやっており、賑やかでした。復興の一助となっていたことでしょう。

22局目、熊本上竜田簡易郵便局。21局目の竜田局より下流なのに、どうして上が付くのか伺いました。旧・上竜田村の西の外れだそうです。

24局目、熊本黒髪二郵便局。熊本大学最寄りの局のため、学生の利用が多かったです。車の出庫が大変でした。

27局目、熊本京町郵便局。28局目の熊本京町本町郵便局とともに中央区で、29局目の熊本京町台郵便局は西区、30局目の熊本高平局が北区です。この4局は、すべて北へ向かう県道303号沿いの局です。

38局目、熊本中央郵便局。18時までの時間延長局でしたが、16:15には訪問完了しました。タヌキが服を着せられて局前のポストに鎮座していました。せんば山のタヌキということでしょうが、今の世はくまモンの方が断然有名ですね。

尺が足りません。次回に続きます。

※写真は、7局目の御幸郵便局。

 

« 616.熊本遠征のご報告-その1- | トップページ | 618.熊本遠征のご報告-その3- »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 617.熊本遠征のご報告-その2-:

« 616.熊本遠征のご報告-その1- | トップページ | 618.熊本遠征のご報告-その3- »