無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 625.2018セリーグ・ペナントレース・順位予想 | トップページ | 627.広島遠征のご報告-その2- »

2018年4月 1日 (日)

626.広島遠征のご報告-その1-

3/29(木)30(金)は、広島遠征でした。本年のテーマ地域として広島・新潟を設定しており、その最初の行動であります。すっかり春の陽気となった安芸路での郵便局めぐりです。

マイカーにて、片道約8時間ほどかけて、中国自動車道の千代田ICを降りた先の千代田局を12時にスタートして、初日は4時間のみの局メグとなりました。

3.18に新名神自動車道の高槻・神戸JCT間が全通して、混雑が激しい宝塚トンネルなどを通るルートを迂回できることになりました。阪神間を通過する車両には、大変都合のよい道路が出来たものです。

新東名の愛知県区間ほどトンネルが多くなく、そのトンネルは緑の輪に誘導されるかの如く、照明が工夫されたものでした。うまく説明できませんので、まあ一度走ってみてください。

Photo 約8時間かけて到着し、初日は千代田局をスタートして、ちょうど16,900局を踏んだ八幡局までの16局でした。北広島町の15局に島根県浜田市となる波佐局を含んでの16局です。

この波佐局は、島根県側からみても一つだけ離れており、北広島町からは盲腸的に往復したものの、それなりに意味のある廻り方であるとの見解です。

八幡局から広島駅新幹線口の宿泊先までは、戸河内ICより中国道で広島道を経由して山陽道の広島ICを下車して帰りました。70分くらいかかりました。

二日目は、安佐南区の安地区から始めて、北に抜け安芸太田町の南にある2局を経由して佐伯区に編入した湯来町、さらに廿日市市に編入した吉和村に進み、最後は安芸太田町の筒賀・戸河内・加計地内の各局を廻りました。計19局です。

岡山県側から広島県入りする東側の住民からすると、今回廻った北広島町・安芸太田町・旧湯来町・旧吉和村は、広島県の最奥部にあたります。幸いにも中国自動車道が通過していますので、これを手掛かりに到着して、廻ることができた訳です。

広島県を制覇していく上で、ある意味やっかいな場所でしたが、無事に訪問することができました。

次の記事では、この旅での感想を述べてみたいと思います。

※写真は、初日の最終局となった北広島町の八幡郵便局。

 

 

« 625.2018セリーグ・ペナントレース・順位予想 | トップページ | 627.広島遠征のご報告-その2- »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 626.広島遠征のご報告-その1-:

« 625.2018セリーグ・ペナントレース・順位予想 | トップページ | 627.広島遠征のご報告-その2- »