無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 627.広島遠征のご報告-その2- | トップページ | 629.4月は‘新潟シリーズ’です。 »

2018年4月 8日 (日)

628.旧・大野分校跡地の桜

4/5(木)に桜見学をしてきました。

今年の桜見学は、諸事情により、なかなかその機会を得ることが出来ずに、里の桜はほぼ終わってしまいましたが、4/5にようやく時間が取れ、地元新聞に満開を知らせる記事が載っていた天竜区水窪町の旧・大野分校の桜を見学してきました。

浜松市市街地の北部に位置する浜北区の自宅より、約70㌔・2時間もかかりました。

自宅より東方面では三島あたりへ、西なら四日市あたりへ行く事の出来る時間ですが、ここも間違いなく浜松市内なのです。

Photo

当日は、自宅を8:40に出発して、船明ダムを超えてすぐの、月集落入口に掲出されている「月まで3㌔」の有名な青看板を9:40頃に撮影しました。

さらに進み、秋葉ダム北側より、国道152号崩落の為に対岸の県道に迂回し、ここは片側通行で15分ほど時間待ちをしました。

そこからは、水窪の町まで国道152号を進みますが、以前に比べてトンネルなどでショートカットされており、時間は短縮されてきたように思いました。

水窪の町を過ぎ、ロックフィルダムで知られる水窪ダム方面へ進み、分岐点を直進して山裾を登っていくと大野集落がありました。

この大野集落の出身の方々は、分校の桜が満開の時に毎年里帰りして、桜を愛でるそうです。そらく、このブログのアップされる8日かと推察いたします。とても、良い習慣であると思います。(※)

大野分校で20分ほどお花見をし、その後水窪ダムに立ち寄り後、水窪の町で昼食をとりました。町で唯一といってよい食事施設は、賑わっていました。

水窪郵便局で記念貯金をしたあとは、天竜川に架かる原田橋が崩落したために、川原を使った臨時の橋を通行して浦川・東栄方面に進みました。この臨時の橋は、雨が多く降ると通行止めになる、いわゆる沈下橋といってよいでしょう。上流の佐久間ダムが放水するときも、もちろん通行止めになります。

その後、三遠南信道路の無料区間を通って帰宅しました。原田橋に変わる臨時の橋のところからは60㌔65分ほどの道のりでした。

※8日の地元紙・朝刊によりますと、7日に、ざっと60人の地元民・元地元民が集まり花見会が開催されたとのことでした。こちらは、樹齢170年の山桜ということです。

« 627.広島遠征のご報告-その2- | トップページ | 629.4月は‘新潟シリーズ’です。 »

遠州ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 628.旧・大野分校跡地の桜:

« 627.広島遠征のご報告-その2- | トップページ | 629.4月は‘新潟シリーズ’です。 »