無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2018年5月 3日 (木) | トップページ | 2018年5月10日 (木) »

2018年5月 6日 (日)

2018年5月 6日 (日)

636.佐渡島旅行のお話し-part3-

私が9年前に初めて佐渡に渡った際に、もっとも感動した場所が、佐渡島東北端にある二ツ亀でした。

あの時は、両津側から内海府海岸沿いを北上して、佐渡島東北端に至った際に、何か記念に見学できそうな場所を探していたら、偶然にもこの二ツ亀を発見したのです。

二ツ亀ビューホテルの先の海岸端の小道を、少し降りていくと、その驚きの景色はありました。日本海の荒波に揉まれた岩肌が造った造形美です。しばらく、その美しさに見とれていました。

今回、妻との佐渡島旅行をするにあたって、この二ツ亀の景色を是非とも見せてあげたいと思い、佐渡金山や尖閣湾観光の定番の観光地のあとに、わざわざ東北端廻りのドライブをしたのです。

Photo_3今回も、風は物凄く強かったですが、9年前と同様に好天に恵まれました。

妻は、砂嘴のところまで降りて行きました。その砂嘴の右手は海水浴場となっています。

それから、写真に添付した右手前の方位標識は、9年前にはありませんでした。もしくは、気が付きませんでした。

ウラジオストクまで769㌔、能登半島まで137㌔など、なかなか気の利いた標識です。

さて、感動の二ツ亀をあとにして、両津港に進み、ジェットホイールにて新潟港に戻り、上越新幹線・東海道新幹線にて無事に帰宅したのでした。

1泊2日で、レンタカーを借りた時間は、丸一日・24時間でしたが、充実したフルムーンができたのだと思っております。

※写真は、もっとも感動した場所・二ツ亀。

« 2018年5月 3日 (木) | トップページ | 2018年5月10日 (木) »