無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2018年5月 6日 (日) | トップページ | 2018年5月14日 (月) »

2018年5月10日 (木)

2018年5月10日 (木)

637.2018プロ野球、30試合を経過して。

久しぶりに野球ネタです。このブログでは、開幕直前の3/28にペナントレース予想として、記事にして以来となります。

ベイスターズの試合経過・結果は、逐一チェックしていますが、今年からは、勝った試合のハイライトをユーチューブで確認して、ニヤニヤするということを始めました。

5/10現在のベイスターズの成績は、30試合消化して14勝14敗2分けのちょうど5割です。

8連勝もありましたが、その後に4連敗が2回あり、イーブンの成績で4位となっています。

左肩の違和感の今永、右ひじの違和感のウィーランド、左肩の違和感の濱口の三本柱をを欠いていた4/21までは11勝6敗と、かなり健闘していました。

19歳2年目の京山が3勝、新外国人バリオスが2勝、ルーキー東が2勝など、計算が立たない投手の頑張りが目立ちました。

皮肉なことに、4/22にウィーランド、4/24に今永が復帰してからは3勝8敗2分けと負けが混み始めたのです。ウィーランド2敗、今永2敗と負けだけを記して、再び登録抹消となりました。

雨で2試合を流した濱口も、今永・ウィーランドも実績のある投手ですので、これからはやってくれるものと信じています。

心配なのは、チーム打率・237でリーグ5位の打撃陣の方です。昨日の広島戦では3番筒香が6の0でした。チャンスに打席が回ってくるのですが、ため息の連続です。筒香の打率は・231と彼の別名225にほど近い打率にまで落ちてしまったのです。

期待のルーキー神里も、まだまだ技術不足が露呈しています。走塁技術もまだまだです。今は、実戦で勉強をさせてあげている状態といったところでしょうか?

5月に入って1勝3敗2分けと調子を落としている我がベイスターズですが、今月を何とか勝ち越しで乗り切り、苦手な交流戦に臨んでもらいたいものです。

何としても頑張れベイスターズ!

« 2018年5月 6日 (日) | トップページ | 2018年5月14日 (月) »