無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 646.兵庫・岡山の‘落ち穂拾い’ | トップページ | 648.岩手県の地域区分 »

2018年6月16日 (土)

647.来週は岩手県沿岸部へ

今月の2泊3日での遠征先を岩手県に変更しました。当初は、山口県でしたが、例の広島市佐伯区に出来る新局がらみで、山口と岩手を差し替えた次第です。

で、岩手県は昨年10月の2泊3日の遠征が、人生初の訪問でした。

その岩手から帰ってすぐに、岩手県への2回目となる今回のプランを作り上げていたのでした。新幹線の駅でレンタカーを借りて、三陸沿岸部へ進み、最後に新幹線の駅まで戻ってくるというものです。

具体的には、北上駅を12時すぎにスタートして釜石方面へ進みます。有効時間が4時間弱しかないので、遠野の街までは届かないことでしょう。16局+3局を予定しています。

Photo 釜石宿泊後の二日目は、大槌町から始めて、釜石の北部・鵜住居、釜石の街中、釜石の西部・甲子、釜石の南部・唐丹を経て、大船渡市の三陸地区まで。唐丹あたりで時間切れになるのかもしれませんが、26局+2局の予定です。

大船渡宿泊後の最終日は、陸前高田より始めて、一関市となった大東町・東山町を経て、平泉町へ。さらに進んで、一関の市街地を時間まで廻ります。中尊寺の見学は、残念ながら致しません。30局+2局の予定です。

そして、一ノ関駅より新幹線にて帰宅するという予定となっております。

岩手県は、前回の訪問で76局、3月に宮城遠征をした際にプラス1局しているところへ、今回は72+7局を予定しており、累計は143局~150局と一挙に倍増となる予定であります。

従って、岩手県の地域区分をしていくことにいたします。これについては、次回の記事となります。

※無事に岩手遠征から帰ってきました。写真は、釜石郵便局と局前の郵便ポスト。鮭が泳いでいますね。

« 646.兵庫・岡山の‘落ち穂拾い’ | トップページ | 648.岩手県の地域区分 »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 647.来週は岩手県沿岸部へ:

« 646.兵庫・岡山の‘落ち穂拾い’ | トップページ | 648.岩手県の地域区分 »