無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 668.現在の‘落ち穂’について | トップページ | 670.甲奴郡の悲劇 »

2018年9月 4日 (火)

669.広島・島根遠征のご報告

8/30・31の広島・島根遠征から帰ってまいりました。8/2に高見島に渡ってから、実に4週間ぶりの局メグとなりました。

尾道自動車道の甲奴ICで降りて、三次市南部の甲奴町の広定局を皮切りに、府中市上下町・三次市甲奴町・庄原市惣領町・三次市吉舎町・三良坂町までで12局。

落ち穂拾いとして、三次市三和町の下板木簡易局を経て、三次市北部の布野町で2局。さらに北上して島根県に入り、飯南町の頓原局までの4局で初日を終えました。計19局でした。

Photo 大田市内宿泊後、初日の続きとなる雲南市掛合町南部・飯南町頓原西部・大田市三瓶町まで6局。

美郷町に入り11局。邑南町瑞穂東部・羽須美で4局を経て広島県に戻り、三次市作木町3局・安芸高田市高宮町2局でした。二日目は26局です。

今回は、平成の大合併で三次市になった南部と北部及び安芸高田市の残り2局を、島根県では飯南町・美郷町を中心に廻ってきました。今年4.2に廃線となった三江線沿線も含んでいました。いずれも中国山地の奥深い地域の長閑な地域でした。

広島県内は、ジ・アウトレット広島内局・阿多田島局・大竹立戸局の3局を残すのみとなったラス前の旅でした。こちらは12月の予定です。

島根県は25局増やして、計225局となりました。残りは144局となりましたが、来年は愛媛・山形の完訪を目指すことが内定していますので、島根県の完訪は、再来年まで温存することになります。

※写真は、安芸高田市の川根郵便局。左手玄関前の屋根付き郵便ポストは珍しい。

« 668.現在の‘落ち穂’について | トップページ | 670.甲奴郡の悲劇 »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 669.広島・島根遠征のご報告:

« 668.現在の‘落ち穂’について | トップページ | 670.甲奴郡の悲劇 »