無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年11月14日 (水) | トップページ | 2018年11月22日 (木) »

2018年11月18日 (日)

2018年11月18日 (日)

690.日曜劇場『下町ロケット』ゴースト編からヤタガラス編へ

日曜劇場『下町ロケット』が、10.14からスタートしました。3年ぶりに帰ってきたのです。

キャッチコピーは

宇宙(そら)から大地へ。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。

原作本は2冊。まずは、『下町ロケット・ゴースト』。これは2週間前に購入し、先日の福岡遠征の往路の新幹線の中で読了しています。

ドラマでは1話から5話までがゴースト編となっており、先週11.11に放映を終えました。

Photo 佃製作所の開発したバルブシステムを帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に供給して、夢を実現した佃製作所でしたが、帝国重工の社長交代により、開発計画が頓挫することに。

あるヒントからトラクターのトランスミッションへのバルブ提供という形で、日本の農業の未来に貢献していく夢を持ち、将来はトランスミッションメーカーへと夢を広げていく中で、ライバルとの競争・協力者からの裏切りなど幾多の困難にどう挑んでいくか。

ドラマの展開は、3年前の『下町ロケット』同様、ヒールが現れては、これを攻略し、またまた強力なヒールが現れ前を塞ぐ。これを決死の作戦で取り除き、それにより明るい未来が出現するという、日本人の好む「勧善懲悪」ドラマに仕上がっています。

今は、ドラマと同時進行で2冊目の原作本『下町ロケット・ヤタガラス』を読み進めているところです。

という訳で日曜の夜は、大河ドラマ『西郷どん』に続いて日曜劇場『下町ロケット』と、凄く忙しい時間を過ごしております。

« 2018年11月14日 (水) | トップページ | 2018年11月22日 (木) »