無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年12月 4日 (火) | トップページ | 2018年12月12日 (水) »

2018年12月 8日 (土)

2018年12月 8日 (土)

695.桑名三重信用金庫も誕生

三重県で、表題の信用金庫が来年2.25に誕生いたします。

これを知ったのは、去る11.22に愛知・岐阜・滋賀・三重の‘落ち穂拾い’&‘マルチ捕り’局メグを実施した際に、全ての行程を終えて、手持ち資金の補充をするべく、いなべ市の桑名信金阿下喜支店に立ち寄った際に、掲示された印刷物を見てのことです。

金融関係者でもない私・稲生は偶然知ったのですが、これが驚きの合併であったのです。

当初は、地元の浜松いわた信用金庫同様の合併なのかと思っていたのですが、少し詳しく調べてみてビックリしました。

Photo_2 NO.693で浜松いわた信金及び島田掛川信金・しずおか焼津信金の静岡県内の信金の合併事情を紹介したのですが、これらはいずれも隣接合併であるのに対し、この桑名信金と三重信金は隣接していない飛び地合併なのです。

平成の市町村合併でも、五所川原市・桐生市・大垣市などの飛び地合併が見られるのですが、レアケースであり、私のような地理マニアは大変興味を持って眺めていたわけですが、この桑名三重信金も、見事なまでの飛び地合併であります。

桑名信金(本店は桑名市:店舗数26)と三重信金(本店は松阪市:店舗数20)の間には、北伊勢上野信金(本店は四日市市:店舗数32)及び津信金(本店は津市:店舗数6)が存在しているのです。

桑名信金には四日市市に4店舗、三重信金には津市に3店舗あるのですが、四日市市と津市の間には鈴鹿市(及び亀山市)が存在し、これらは北伊勢上野信金のエリアなのです。

信用金庫の世界にも金融再編の波がやってきており、合併により生き残る道を模索していく結果の組み合わせなのかもしれませんが、新しくできる桑名三重信金はいずれ北伊勢上野信金などとの再合併をしていく流れがあるのかもしれません。但しこれは、あくまでも業界素人・稲生の、素人の無責任な目立てですので、お間違えないようにしてください。

PS:このことを知った数日後に、地元・遠州信金の知り合いの総務部長にお会いしたのですが、「これで、蒲郡信金や岡崎信金あたりと越県飛び地合併が出来ますね」と、冗談半分の無責任発言をしておきました(笑)。

« 2018年12月 4日 (火) | トップページ | 2018年12月12日 (水) »