無料ブログはココログ
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 701.広島県の完訪について | トップページ | 703.今年のテーマ地域は『愛媛・山形』 »

2018年12月31日 (月)

702.2018の総括

本年最後の記事は、2018年の趣味の郵便局めぐりについて、振り返ってみます。

まずはテーマ地域とした『広島・新潟』についてです。

最初に完訪したのは新潟県でした。全676局のうちの14%にあたる残りの98局を廻りました。4/17・18・19及び4/25そして10/4・5の延べ6日を要しての達成です。

日本海に浮かぶ離島・粟島と、同じく佐渡島の二度目の渡島がありました。H19年(2007)から足掛け12年、実質10年に亘っての完訪となりました。東京島嶼部を除く関東甲信越の完訪でもあります。新潟県は完訪県としては28県目となりました。

最後の局面で、完訪にこぎつけたのが広島県でした。全696局のうちの17%にあたる残りの119局を廻りました。3/29・30、5/23・24・25、8/30・31及び12/18の延べ8日を要しての達成となりました。

Photo_2 テーマ地域として廻っているうちに、三次吉舎の簡易局の再開と広島佐伯区の新規設置局があり、これらも取り込むために‘落ち穂拾い’として12/18を費やしました。今年メグった離島は広島市沖の似島と大竹市沖の阿多田島でした。

H16年(2004)から足掛け15年、実質10年に亘っての完訪であります。奇しくも新潟県とほぼ同じボリュームの局数であり、ほぼ同じ年数を掛けて完訪に至りました。広島県は29県目の完訪県となりました。

今年一番局数を稼いだのは、新潟県でも広島県でもなく福岡県の181局でした。次いで宮城県の150局です。三番目が広島県の120局(再訪1局含む)で、四番目が山形県の118局でした。

一方、熊本県・佐賀県・大分県の3県は初訪問を果たしました。愛媛県・岩手県・山口県・島根県も着々と歩を進めてきました。

という訳で、再訪29局を含み1060局の郵便局を廻ることができました。4ケタ越えが復活した年でした。行動範囲が、さらに広がった気がしております。

今年も、皆さまのご協力のもと、楽しく伸び伸びと郵便局めぐりを実施できました。それでは皆様、よいお年をお迎えください。

※写真は、原爆ドーム。NO.642参照(再掲)

« 701.広島県の完訪について | トップページ | 703.今年のテーマ地域は『愛媛・山形』 »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 702.2018の総括:

« 701.広島県の完訪について | トップページ | 703.今年のテーマ地域は『愛媛・山形』 »