無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 720.『七つの会議』 | トップページ | 722.熊本・福岡遠征のご報告-その2- »

2019年3月 9日 (土)

721.熊本・福岡遠征のご報告-その1-

3/5から7までの2泊3日の熊本・福岡遠征より、無事に帰って参りました。計画どおり、いや計画以上の出来栄えでしたが、天候だけは芳しくありませんでした。

すなわち、初日は晴れで最高気温15℃超えの春の陽気であったものの、二日目は朝からの雨が昼前より本降りとなり、コンビニで買った傘が大活躍するような一日でした。最高気温が11℃ほどの冷たい雨です。最終日も曇りベースであるものの、時折の雨が降り、時にはヒョウが降るほどの悪天候でした。天候は見事なハズレでした。

三日間ともに、熊本県と福岡県を跨ぐ行程で、成果としては熊本36局、福岡54局の計90局と、これには満足いく結果が出ました。(計画では82局から85局でした。)内訳としては、12時過ぎの着手となった初日が19局、二日目は38局、最終日が33局でした。

Photo_2 皮肉なことに、本降りの中で廻った二日目が38局と、予定以上の成果を出したのでした。局舎の写真撮影の時が最悪でしたが、降雨のために各局にお客さんが見当たらず、そのことが幸いしたのかもしれません。36局目の江浦局(みやま市)が通算17900局目となりました。そして、二日目の最終局・岩津局(みやま市)で、NO.100冊目からNO.101冊目に通帳更新をしていただきました。

熊本県36局の内訳は、山鹿市15・菊池市1・長洲町3・荒尾市12・南関町4・和水町1です。長洲町・荒尾市・南関町は完訪です。

初日の局メグ終了後には、和水町の『金栗四三ミュージアム』に飛び込み入場しました。16時半までが入場受付だったのです。これは箱根駅伝生みの親で、日本マラソンの父とされる金栗四三の出身地の和水町に、大河ドラマの放映時期だけの期間限定開催となっています。

さらに、最終日には金栗四三が通った隣村から‘かけあし登校の道’(別名:金栗ロード、片道約6㌔)を車で実走し、金栗四三の生家記念館へ。(これは写真撮影のみです)本当に田舎道でした。

福岡県54局の内訳は、八女市5・大牟田市26・みやま市11・筑後市9・久留米市3です。大牟田市・みやま市・筑後市は完訪です。

今回は、肥後と筑後の境目の地域を上手く廻ることができました。その詳細は、次の記事にて、お知らせいたします。

※写真は、和水町の金栗四三ミュージアム。

« 720.『七つの会議』 | トップページ | 722.熊本・福岡遠征のご報告-その2- »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 721.熊本・福岡遠征のご報告-その1-:

« 720.『七つの会議』 | トップページ | 722.熊本・福岡遠征のご報告-その2- »