無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 729.今年のお花見は船明ダムの桜と気賀の姫様道中の予定が・・・ | トップページ | 731.山口遠征のご報告-その1- »

2019年4月12日 (金)

730.浜松市行政区再編の住民投票の結果

浜松市では統一地方選挙の投票が4/7(日)に行われ、同時に行政区再編を問う住民投票も実施されました。

浜松市長選・静岡県議選・浜松市議選及び住民投票の4種類の投票が同時に実施されたのですが、私の住む浜北区は、県議選(定数2)と市議選(定数5)がともに無投票でしたので、投票したのは市長選と住民投票でした。

市長選の結果は、現職の鈴木康友氏の4選となり、この方は行政区再編推進論者であります。

Photo_11 そして、住民投票の開票結果ですが、

「3区案」に賛成              132,249     40.99%

「3区案」に反対、「区再編」に賛成    31,722      9.83%

「3区案」に反対、「区再編」に反対   158,629     49.17%

▽投票総数      360,256    ▽有効投票数     322,600   ▽無効投票数     37,656

私の立場は、2番目の反対・賛成です。(詳しくは、NO.518、NO.698 を参照してください。カテゴリ:遠州ネタより入れます。)

NO.698で、もう少し熟考する旨を書いていたのですが、当初の6つの案からF案一つに絞られたものを、どうしても賛成する気になりませんでした。つまり、F案以外の「区再編」を良しとしたのです。

で、この結果では反対・反対の「区再編をしない」票が多数を占めたと見る事ができるのでしょうが、区再編を選挙公約に挙げていた鈴木康友市長は、「区再編」が過半数を占めたと言い出しているのです。つまり、1番目と2番目の合計が50%を超えたというのです。

これって、どうなのでしょうか?私も選んだ反対・賛成の票が、都合良く解釈されていませんか?

反対・賛成の票というのは「もう一度、再編案を見直して、しっかり検討してくれ」というものです。と同時に「浜北区」「天竜区」以外の「中区・東区・西区・南区・北区」を一つの区にする(=これを「3区案」という)のには、明確にノー(反対)を突き付けたのです。

ですから「F案以外の5つの案をもう一度検討してみてください」というものですが、「区再編」賛成の中の割合は19.35%に過ぎず、F案(=3区案)賛成の割合は80.65%もあるため、「区再編」を推し進めた場合、このままF案で押し切られそうです。

ただし「3区案」反対の票は59%であるのは、疑いのないところです。ですから、F案以外のA案からE案もしくは、新案により、議論を推し進めてもらいたいものです。「3区案」を完全に葬り去るためには、3番目の反対・反対とするのが良かったのかなと、今更ながら、失敗したんじゃないかなと思うこの頃です。

※文字だけで話を展開したために、少しわかりづらかったかもしれません。NO.518とNO.698の添付地図を、今一度ご覧になっていただければ、理解が深まるかもしれません。

« 729.今年のお花見は船明ダムの桜と気賀の姫様道中の予定が・・・ | トップページ | 731.山口遠征のご報告-その1- »

遠州ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 729.今年のお花見は船明ダムの桜と気賀の姫様道中の予定が・・・ | トップページ | 731.山口遠征のご報告-その1- »