無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2019年7月 6日 (土) | トップページ | 2019年7月14日 (日) »

2019年7月10日 (水)

2019年7月10日 (水)

755.日曜劇場『集団左遷』

♪♪さあ、頑張ろうぜ!オマエは今日もどこかで不器用に、この日々ときっと戦っていることだろう。♪♪

福山雅治主演の銀行ドラマ『集団左遷』が、6/23をもって、全10話の放送が終了しました。終了してから、しばらくの期日が経過してしまいましたが、その感想などを述べてみたいと思います。

まずは視聴率です。

1話13.8%、2話8.9%、3話10.1%、4話9.2%、5話9.0%、6話9.0%、7話9.4%、8話11.9%、9話10.1%、10話13.1%

Photo_20190708140001 平均視聴率は10.5%と、期待したほどではありませんが、そこそこの及第点だったかと思います。

私を含めた視聴者は、先の『半沢直樹』ばりの勧善懲悪な銀行ドラマを、福山雅治が演ずることを期待して見始めたのですが、初回を見終わると、その話の‘無理スジ’ぶりに、早々にこのドラマを見放したのが6話までだったと思います。そして6話までの蒲田支店編が丸く収まって、7話からの本部編に進むと、横山常務(のちに専務・副社長と出世)の悪役ぶりが際立ち、この不正をただす片岡部付部長の正義感を応援しようと、次はどうするのかと期待値が高まって、最終回の視聴率が初回並みにまで回復したのだと思います。

例によって原作本を読んでから、テレビ視聴に臨むところでしたが、今回は、原作とだいぶかけ離れたオリジナル脚本であったようです。

原作は、江波戸哲夫氏の新装版「銀行支店長」及び「集団左遷」の2作品なのですが、「集団左遷」の方は、不動産業界が舞台となっており、本は購入したものの、読む気にすらなりませんでした。新装版「銀行支店長」の方は、概ね6話までの内容と同じでしたので、これはしっかり読んだ上で面白く視聴することができました。

7話からの本部編は原作とは違う、全くのオリジナルであったのが、かえって視聴率回復に繋がったのかもしれません。原作本を読んでからドラマを視聴するというスタイルは、話が見えすぎて、TVドラマを常に原作と比べてしまうところがあるので、これはやらない方がいいのかもしれないとも思いました。

さて、今週からの日曜劇場は、池井戸作品『ノーサイド・ゲーム』が始まりました。初回は、たまたま他局を見てしまい見逃しましたが、次回からは、見てみようかなと思っております。

« 2019年7月 6日 (土) | トップページ | 2019年7月14日 (日) »