2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2019年7月22日 (月) | トップページ | 2019年7月29日 (月) »

2019年7月25日 (木)

2019年7月25日 (木)

759.山口・島根遠征のご報告-その2-

山口・島根遠征の二日目は、島根県吉賀町の蔵木局からスタートし、吉賀町六日市・柿木、津和野町日原、益田市西部から山口県に入り萩市田万川・須佐を経て、島根県益田市南部、津和野町津和野さらには山口県山口市阿東北部までの27局を鋭意訪問しました。

島根・山口県境地域を丁寧に廻ったといったところです。

7局目のプラサ枕瀬簡易局は、JR日原駅構内にあります。‘プラサ’とは‘プラザ’と同義で、当時の日原町が名付けたそうです。本社などからの郵便物でも、よく書き間違いがあると嘆いていました。

Photo_20190724131101 21局目の美濃局にて、通算18,400局目となりました。島根・山口県境の山の中の局です。

二日目までは、梅雨の晴れ間の良い天気の元での局メグでしたが、三日目は豪雨の中での局メグとなりました。

3局目の大原局、ここは佐波川ダムの最寄の局ですが、ここを出たところから豪雨となり、昼間でもすべての車両がライトを点けるほどの集中豪雨となりました。山口県萩地方には大雨警報が出されており、このまま局メグを続けるかどうか迷いましたが、帰りの新幹線の時間は夕刻に決まっており、取りあえず行ける所までは廻っていこうと考え、ボチボチと進んで行きました。

15局目の福井局までは、時折激しく降り、局舎撮影は車の中で済ませた局が7局もありました。そんな苦労の末に写した写真は こちら を参照してください。

三日目は結局、山口市徳佐北部・阿東、萩市むつみ、阿武町、萩市福栄・川上・旭と19局廻りました。結果としては予定どおりの局数をこなしたのですが、予定では松陰神社や武家屋敷などの見学時間を30分くらいとっていて、これを無くすことで予定どおりとなったのでした。

今回の山口・島根遠征では山口県40局(川越車両型局はノーカウント)、島根県21局となり、山口県累計287局・残り116局、島根県累計280局・残り90局としました。今年のうちの両県への訪問はこれで終了とし、来年はまず島根県の完訪を目指すことになります。

※写真は、津和野郵便局。

« 2019年7月22日 (月) | トップページ | 2019年7月29日 (月) »