2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 760.神奈川・千葉・埼玉‘マルチ捕り’と ゆうちょラリー2019懇親会 | トップページ | 762.山形遠征のご報告-その1- »

2019年8月 2日 (金)

761.黄色いガードレール

この記事がアップされる8/2は、山形遠征から帰宅した翌朝ですので、そのご報告が間に合うはずもなく、それについては次回とさせていただきます。

さて、今年は山口県への郵便局めぐりを頻繁に実施しています。延べ8日を数えます。

山口県は、2年半前に下関市吉見局で1局目を刻んでから、昨年12月までに延べ6日128局でしたが、今年は延べ8日159局を増加させたため、累計で287局とし、残りを116局(稲生調べ)まで詰めて参りました。

Photo_20190729171801 それでも、来年は島根県の完訪(残り90局)を優先させるため、山口県については、延べ4日ほどに留めようかと考えています。

そんな山口県についてのお話しなのですが、2年半前から、大変驚いていることが表題の「黄色いガードレール」なのです。

山口県は郵便局めぐりとしては2年半前からなのですが、旅行訪問としては30数年前に、まだ新山口駅が小郡駅と呼ばれていた頃に2泊3日で秋芳洞・萩・湯田温泉などを廻った記憶があります。

その時は、ガードレールについて気が付きませんでしたが、郵便局めぐりとして訪問している ここ3年ほどの間中は「黄色いガードレール」に感心するばかりでした。

交通安全上は、大変目立って良いことから、どうして他県でもこの黄色に染めたガードレールを採用しないのか疑問でなりません。もしかして、山口県の専売特許という訳でもないでしょうが。

ネット検索で調べると、昭和38年に山口県で国体が開催されるにあたって、県特産の「夏みかんの色」にしたとのこと。この色を50年以上も踏襲してきたのだと。なるほど、良くわかりました。今後は、他県でもこれを取り入れるべく、セールスしていただければ幸いかと思っております。

« 760.神奈川・千葉・埼玉‘マルチ捕り’と ゆうちょラリー2019懇親会 | トップページ | 762.山形遠征のご報告-その1- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 760.神奈川・千葉・埼玉‘マルチ捕り’と ゆうちょラリー2019懇親会 | トップページ | 762.山形遠征のご報告-その1- »