無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 775.『引っ越し大名!』 | トップページ | 777.再び、久しぶりの県内での‘落ち穂拾い’ »

2019年9月23日 (月)

776.秋田遠征のご報告

9/17から19まで、2泊3日で実施した秋田遠征のご報告です。

秋田県の局メグとしては、2年前の6/21に にかほ市象潟南部での2局、10/17に仙北市田沢湖での3局のみで、今回は‘たっぷり秋田’ということになり、実質的には今回が、ほぼ初めての訪問です。

初日は、秋田新幹線にて秋田駅に12:30に到着して、1局目の秋田屋敷田局を12:55の着手で、秋田東部・秋田北部での17局でした。14局目の土崎港北簡易局はATMが設置されており、ポスト型はがきも置いてある、やる気のある簡易局でした。

Photo_20190923212401 二日目は、秋田市最北の追分局を1局目として、潟上市・男鹿市・大潟村と、男鹿半島を時計回りに31局廻りました。男鹿市内の直営局13局と田中簡易局では、‘なまはげ’の絵のお宝ゴム印でした。しかも、その‘なまはげ’は、各局それぞれの絵柄が異なるというもの。‘なまはげ’マニアがいるとしたら、大喜びのゴム印でした。なお、入道崎局は、灯台の絵のゴム印もありました。

三日目は、秋田市南部の豊岩局を1局目として、秋田市雄和・大仙市協和南部・西仙北・神岡・南外・大曲と鋭意廻り35局でした。秋田県内は、稲の刈り入れの時期で、三日間に訪問したどの地域でも、黄金色の景色が眺められました。

雄物川を挟んで右岸の北楢岡は神岡地区に、左岸の南楢岡は南外地区になっておりました。また、その南外地区のもう一つの集落は外小友で、内小友は大曲地区に属しておりました。

三日間の‘たっぷり秋田’での訪問により83局を増やすことが出来ました。累計としての伸び率は1760%であります。これは凄い率です。秋田県攻略の旅は、今回を皮切りとしており、これからも続いていきます。

※写真は、男鹿半島・青砂簡易郵便局。渡船業を兼営しています。

« 775.『引っ越し大名!』 | トップページ | 777.再び、久しぶりの県内での‘落ち穂拾い’ »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 775.『引っ越し大名!』 | トップページ | 777.再び、久しぶりの県内での‘落ち穂拾い’ »