無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2019年10月17日 (木) | トップページ | 2019年10月23日 (水) »

2019年10月20日 (日)

2019年10月20日 (日)

783.大分遠征のご報告-その1-〈プロローグ〉

当ブログ 稲生のつぶやき(ブログ)が、10/19にて満8年を迎えました。皆様のご贔屓に感謝するとともに、新しい9年目も引き続きよろしくお願い申し上げます。

本題ですが、10/16から18までの3日間の‘たっぷり大分’遠征が、なんとか無事に終了しました。

9月上旬の宮崎遠征(7局⇒90局)、9月下旬の秋田遠征(5局⇒88局)と同様に、これまで7局に過ぎなかった大分県を、3日間でたっぷりと堪能し、87局を廻り、累計を94局にした旅でした。

まずは、今回の大分遠征を実施するまでの事前準備のお話しですが、実施のおよそ3ヶ月前の7/20に、往復の飛行機を予約しております。ANAのスーパーバリュー割で往路8,510円、復路11,410円の計19,920円と格安でした。

中部国際空港(セントレア)から大分空港の往復便は、名古屋発7:30と18:45、大分発9:15と20:20となっておりましたが、名古屋発7:30に乗るには、浜松西インター駐車場発4:55始発の空港バスに乗車した場合でも、セントレアに6:40に到着予定となっており、道中の渋滞などの要素を考えると少し厳しいのかと考え、局メグ前日の18:45発便に乗ることにし、大分空港近くのホテルに前泊することにしました。

Photo_20191022195601 7/20の段階では、飛行機の手配のみで、廻るコースの詳細を決めたのは、9月の宮崎遠征から帰ってきてからのことです。

出発30日前までには、前泊として大分空港最寄りのエアポートイン大分と、豊後高田(1日目)と安心院(2日目)のホテルAZに宿をとり、ニッポンレンタカーの予約も済ませました。

空港バスのチケットは秋田遠征後に購入したところ、9/20からのダイヤ改正(セントレアの第2ターミナル稼働によるもの)のため、増税前の価格では購入できませんでした。私の認識では、9月末までに購入すれば増税前価格のはずでしたが、遠鉄は9/20から運賃を上げていたのです。もっとも、100円アップでしたが・・・

さて、10/15のANA18:45発便に乗るために、浜松西インター駐車場15:10発に乗車しましたが、セントレアには予定より10分早い16:45には到着しています。これなら1便遅い西インター駐車場16:10発でも充分間に合っていました。

さらには、前泊せずに西インター駐車場4:55発でセントレア6:40着でも、7:30発のフライトに間に合う感じがしております。当日移動が出来ればそれに越したことはないわけで、この辺りの事は、もう少し検証してみて、今後のセントレアからの航空便利用を考えていきたいと思います。

それから、大分空港は私にとって九州初上陸の地です。約38年前に、別府・阿蘇・熊本・天草・雲仙の3泊4日の旅行に添乗員としてお供をしたのが初めての九州体験でありました。亀の井バスさんの運行で4日間を過ごしたのですが、その名ガイドぶりは感動ものでした。

次に九州に上陸したのは、3年前ですから、ずいぶんと奥手の旅人であります(笑)。

※写真は、前泊したエアポートイン大分。大分空港の徒歩圏内にある唯一のホテルです。

« 2019年10月17日 (木) | トップページ | 2019年10月23日 (水) »