無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 795.青森県の初訪問及び岩手遠征のご報告-その2- | トップページ | 797.大分県の地域区分 »

2019年12月 1日 (日)

796.横浜鶴見と東京港区・青梅の‘落ち穂拾い’

11/25(月)に表題の郵便局めぐりを実施しました。

横浜下野谷町郵便局と虎ノ門ヒルズ郵便局・二俣尾郵便局の3局です。

いずれも移転改称した局で、前の2局は11.18の開局、二俣尾局は11.25の開局ということで、ここは移転改称日訪問であります。

高速バスで、浜松インター駐車場を7:15に出発し、横浜駅YCATには定刻の11:00を6分遅れの11:06に到着しました。6分遅れというのは、想定内どころか上出来です。

今年の3/18には、1時間6分遅れで、渋谷に到着してしまい、当日の3局訪問予定のところを1局割愛する羽目になってしまい、その分をフォローするために、5/14には、新幹線での往復を余儀なくされた痛い経験があったのです。

横浜駅からは、京浜東北線快速と鶴見線で鶴見小野駅まで移動して、1局目の横浜下野谷町局には11:50頃に到着しました。千円貯金とポスト型はがきの購入をして、次に進みました。風景印は設置がありませんでした。これにて神奈川県の完訪復帰です。

Photo_20191130125401 鶴見小野駅から鶴見駅に戻り、京浜東北線・東海道本線と地下鉄銀座線にて虎ノ門駅に移動して、昼休みのオフィス街を10分ほど歩いて2局目の虎ノ門ヒルズ局に到着しました。(13:15頃)人が多いのが東京ですが、人混みは少々苦手です。

前の局と同様に、千円貯金とポスト型はがきの購入を済ませたことで、東京23区内の完訪復帰であります。

すぐに虎ノ門駅に戻り、今度は銀座線の反対方向に乗り込み、神田駅から中央線快速で立川駅にて青梅線に乗り換え、さらには青梅駅にて奥多摩行きに乗って4駅目が二俣尾駅であります。(15:33着)立川駅から先は初めての乗車ですので、これは新鮮であります。

二俣尾局では、8人程の同業者がおり、おそらくみんな青梅駅からの同じ電車でやってきたものと思われます。ここの貯金窓口では端末が1台しかなく、最初の同業者が、ヤクルトおばさんが持ち込むような小銭で幾ばくかの貯金をしたため、この処理に時間がかかり、それを待つ私を含む同業者は、うんざりして待つことになりました。ともかく、東京多摩地区の完訪復帰となりました。

予定では、二俣尾駅15.51発で帰路に着くつもりでしたが、これには全員が間に合う事はなく、次発の16:34まで待つ羽目になったのです。

小銭を持ち込んだ方は横浜下野谷町局でもお見掛けしましたので、間違いなく同業者なのですが、こういう処理に時間のかかる行為はどうなのでしょうかね?本人には、意味のある内容でしょうが、多くの他者を巻き込むのは困ったものです。

このため、横浜駅YCAT19:00発の帰りの高速バスには、ギリギリの時間になってしまいました。コースとしては、二俣尾駅から青梅駅乗り換えで中央線特快で立川駅乗り換えで、帰りのラッシュ時の南武線で武蔵小杉駅にて横須賀線に乗り換えで、横浜駅には18:40頃には何とか到着しました。特に武蔵小杉駅の乗り換えの距離が長く、必死でした。

横浜駅で買った駅弁を車内で食し、一息ついたあと、自宅へは22:50頃にようやく到着したのでした。

※写真は、虎ノ門ヒルズ郵便局。

« 795.青森県の初訪問及び岩手遠征のご報告-その2- | トップページ | 797.大分県の地域区分 »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 795.青森県の初訪問及び岩手遠征のご報告-その2- | トップページ | 797.大分県の地域区分 »