無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 789.12月までの予定 | トップページ | 791.町田・諏訪‘落ち穂拾い’&一並びイベント »

2019年11月13日 (水)

790.令和元年十一月十一日。〈プロローグとして〉

令和元年十一月十一日は、11111の日、すなわちゾロ目の日です。

ご存知かと思いますが、郵便局の通帳を記帳すると、左から年月日、取扱店、お預り金額、お支払い金額、現在高(貸付高)と各欄が設けられております。

で、取扱店というのは、郵便局番号であります。全国の各郵便局毎の個別の番号であり、5桁表示で表わされております。前の2桁が、いわゆる‘マルチ’というもので、各都道府県別に一つ以上の番号が付与されております。東京都なら‘01’または‘00’、静岡県なら‘23’といった風に、付与されており、‘11’はどこかというと長野県に付与されております。

11111 後の3桁は、そのマルチ内での付与番号であり、概ね郵便局の設置順に付与されており、長野県においては、111番目が飯田市の飯田風越郵便局であったという事になります。ということで、飯田風越郵便局の郵便局番号は11111であり、今年の11月11日には、ここを目指すことになったのです。

街のどこにでもある何の変哲もない直営局である飯田風越郵便局が、たまたま取扱店欄に11111を印字する事ができる唯一の郵便局であるという事で、今年の11月11日に、郵便局マニアが集結することになったという珍現象であったのです。もしかしたら飯田風越郵便局にとっては、大変迷惑なことだったのかもしれませんが。

ちなみに平成元年11月11日は土曜日であり、窓口営業は休みでありました。平成11年11月11日は木曜日でした。私は幸か不幸か、この頃は郵便局めぐりを休止していた時期で、この日をどうしようかとか、何も思っていませんでしたが、Wikipediaで旅行貯金と検索して調べると、『平成11年11月11日飯田風越郵便局の騒動』として、詳しく解説されておりました。(今回の結果も掲載されています。一度、読んでみてください。)

Photo_20191113134901 それによると、この日の取扱件数は2,600件で、約1,000人が来局したとなっていました。また、続けて読むと、平成22年2月22日の三重県亀山市の亀山井田川郵便局では、記念目的の来場者は約200人と、大変少なくなっていたのです。

では令和の世では、どれぐらい集まるのか?これは、一番の関心事でありました。

ちなみに令和11年11月11日は日曜日であり、窓口営業は休みですので、令和時代では、今年しかチャンスはありません。平成11年当時より、SNSなどが発達しておりますので、もしかしたら、平成11年の2倍以上の人出となるのではないか?

色々な憶測が飛び交う中、私は午後、しかも15時過ぎに訪問する作戦を立てたのでした。これは、約1ケ月前に該当の風越局に電話して、局長と話をさせていただいたところ「16時までに訪問された方は、全て受け付けます。」との言質を得たため、場合によっては通帳預かりとなることも覚悟して、その作戦で行く事にしたのでした。

当日は、11.11に移転改称した町田市のクランベリーパーク郵便局を、まずは訪問し(9:30)、続いて中央フリーウェイにて諏訪まで進み、6.24に移転改称した諏訪城南郵便局を訪問し(12:10)、ここでは長野県の完訪復帰となりました。

その後に、中央フリーウェイを更に進んで行くと、土砂降りの雷雨となり、飯田IC手前の座光寺PAで、しばしの雨宿りをしたのです(13:50~14:15)。

勿体付けるわけではありませんが、長くなりましたので次回の記事に続きます。なお、当日の人出等は、Wikipediaに既に記載されております。

※緊急追加

新聞3社の記事リンク 信濃毎日 中日 南信州 各紙とも、早々に閲覧できなくなる可能性がありますので、印刷などはお早めに!

« 789.12月までの予定 | トップページ | 791.町田・諏訪‘落ち穂拾い’&一並びイベント »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 789.12月までの予定 | トップページ | 791.町田・諏訪‘落ち穂拾い’&一並びイベント »