2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2020年2月 5日 (水) | トップページ | 2020年2月12日 (水) »

2020年2月 9日 (日)

2020年2月 9日 (日)

817.鹿児島国分&種子島遠征のご報告-その1-

2/5・6の色々と楽しかった鹿児島国分&種子島遠征(略して種子島遠征)から、無事に帰ってきました。

二週間前と同様の航空便・中部空港7:30発の鹿児島空港行きにて9:00に到着し、レンタカーを受け取り9:30にはスタートしております。このあたりの手続きは、すでに手慣れた状況となり、大変スムーズに事が運びました。

この日は晴れの天気ですが、風が強い一日でした。私の地元浜松では、こういう強風を‘遠州のからっ風’というのですが、鹿児島では特に名称がついていないようです。桜島や霧島からの吹く風でもないし、‘薩摩大隅のからっ風’とでも、名付けておきますか(笑)。

今回の種子島遠征では、当初、初日には姶良市内北部と薩摩川内市の祁答院などを廻っていくつもりでしたが、ここは甑島列島への訪問時の初日用に温存しておくことにしました。甑島列島では、中甑島と下甑島に架かる橋を絶賛建設中であり、2020年度に供用開始する予定となっております。予定は未定ではありますが、この架橋により、甑島列島の全10局は一日で確実に廻り切ることができるようになるのです。

Photo_20200211101401 さて改めて初日は、霧島市の国分地域及び時間余りで姶良市の‘落ち穂’である姶良ニュータウンを拾いました。詳しく言いますと、国分地域の17局は13:30までに廻り終えてしまったため、時間余りの仕事として、まずは地域区分局の鹿児島郵便局へと向かいました。

鹿児島郵便局というのは姶良市隼人町にあり、一般向けの窓口・ATMを持たない地域区分局というもので、郵便番号上二桁が89の地域の仕分け業務を行う郵便局です。上二桁89の地域というのは、奄美地方を含む鹿児島県全域のことであります。この鹿児島郵便局の写真は、私たちメグラーのバイブル『全国郵便局名録2018』の表紙を飾っており、どうしても訪問撮影してみたかったのであす。

話しが前後しますが、国分地域17局の中でのトピックスとして、4局目の国分川原簡易局は、昭和30年頃の特定局舎をそのまま利用しており、いわゆるレトロ局舎でした。委託者も私と同年代の男性でありました。7局目に下井(したい)簡易局がありますが、近くに上井(うわい)簡易局があり、対をなしていたのですが、2年ほど前に上井簡易局の方が一時閉鎖しており、セット訪問が出来ませんでした。

18局目として、前述の‘落ち穂拾い’である姶良ニュータウン簡易局を14:20頃訪問しても、まだ鹿児島空港にレンタカーを返すのに時間があったために、道すがらの小山田簡易局をも拾ったことで、初日は19局といたしました。

こうして、鹿児島空港のレンタカー会社へは15:25に返却し終え、鹿児島空港発16:35出発の種子島行きに乗り込んだのでした。

二日目の種子島一周局メグ、いや、初日の種子島空港着陸後以降のお話しは次回に続きます。

※写真は、鹿児島空港の足湯。

« 2020年2月 5日 (水) | トップページ | 2020年2月12日 (水) »