2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2020年2月19日 (水) | トップページ | 2020年2月26日 (水) »

2020年2月23日 (日)

2020年2月23日 (日)

821.福岡遠征のご報告-その1-

2/18から20に実施した福岡遠征のご報告をいたします。

初日となる2/18は、福岡県はじめ九州各地に寒気が入り、初雪をもたらすほどの天候となり、出発前から大変心配をしたのでしたが、予想された積雪はなく、結果として平常運転が出来ました。

初日は、この冬一番の冷え込みで、曇り時々晴れで最高気温8℃、二日目は晴れの穏やかな陽気で最高気温14℃、最終日は快晴で最高気温14℃ということで、初っ端だけがドキドキした天気であったのです。

今回の福岡遠征は、富士山静岡空港と福岡空港往復の飛行機利用をしてみました。富士山静岡空港の利用は3度目、福岡空港の利用は初めてであります。今後は、長崎県の離島などへの乗り継ぎ利用なども考えられるため、福岡空港も慣れておかなければならないと考えたためです。

Photo_20200225193601 富士山静岡空港からの福岡便は4往復あり、この空港一番の利用者数を稼いでいる路線であります。朝一番の新幹線利用では博多駅10:46着であるのに対して、今回の飛行機利用では福岡空港9:30着であり、1時間近く早く局メグに着手できました。局メグとしての使い勝手は良いと思いました。

さて、局メグの成果なのですが、初日は福岡空港最寄りの博多大井局よりスタートして、福岡市東区を粛々と廻り、ラストは架橋島である志賀島局までの26局でした。志賀島は博多湾の入口を塞ぐように横たわっている島で、漢委奴国王印が出土されたことで有名な島であります。

二日目は新宮町から古賀市・福津市及び宗像市の宗像神社前局などを経て、最後は神湊港から大島(筑前大島)に渡りました。計23局でした。大島は世界遺産の宗像大社・中津宮と沖津宮遥拝所がある島であります。

最終日は、新宮港から猫の島で有名な相島(あいのしま)に渡ったあと、久山町・篠栗町・粕屋町・志免町・須恵町・宇美町を廻り、ラストの板付局までの17局を廻りました。この糟屋郡は福岡市のベットタウンであり、道路事情は余り良くなく、予想以上に各所で渋滞が発生していました。

それでも概ね予定通りの局メグが出来、3日間トータル66局を廻ることが出来ました。福岡県は累計416局となりました。それでも、まだ道半ばなのですが・・・

もう少し詳しいご報告は、次の記事で展開していきます。

※写真は、志賀島の金印公園にある「漢委奴國王金印発光之処」記念碑。

« 2020年2月19日 (水) | トップページ | 2020年2月26日 (水) »