2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 819.種子島について語ってみる。 | トップページ | 821.福岡遠征のご報告-その1- »

2020年2月19日 (水)

820.「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」-野村語録より

戦後初の三冠王となり、指導者としても3度の日本一を成し遂げた名将、野村克也氏が逝去されました。

彼の現役時代は、セリーグのON時代の裏側のパリーグの野球であったため、そんなに詳しくないのですが、右打者で、しかも足も遅い打者でありながら、三冠王を成し遂げたとなると、これは相当の天才か、はたまた策士であったことと、想像するばかりであります。

Photo_20200217195901 現役を引退してからの彼の人となりについては、自ら話をし、またマスコミを通じて、色々と「野村イズム」を提唱してきており、野球好きの我々に、少なからず影響を与えてきた野球人であります。

私は、ご存知・弱小球団の横浜DeNAベイスターズのファンなのですが、彼のヤクルト監督時代の「野村再生工場」「弱者の戦術」といった、GやSのような金満野球に対して、知恵を絞って戦う姿勢には、大変興味があり、また参考になることが多々ありました。

考える野球、頭を使う野球を日本のプロ野球界に根付かせてくれたのが「ID野球」であったと思います。データ野球ではありますが、これに打者心理・投手心理・守っている選手の心理など、その時々のケースに合わせた戦術を考えていく野球が、常に展開されていることを教えてくれました。

今後は、彼の愛弟子をはじめとして、野村野球に影響を受けた後継者たちが、プロ野球をさらに進化させ、発展させてくれることを願ってやみません。

合掌。

« 819.種子島について語ってみる。 | トップページ | 821.福岡遠征のご報告-その1- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 819.種子島について語ってみる。 | トップページ | 821.福岡遠征のご報告-その1- »