2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 874.「暑さ日本一のまち」補足 | トップページ | 876.長崎遠征のご報告-その1- »

2020年8月27日 (木)

875.コロナ禍における結婚式

先週、コロナ禍における結婚式に出席してきました。

このご時世ですので、極力出席を避けたかったのですが、息子の結婚式でしたので、新郎の父親が欠席するわけにはいかず、出席した次第です。

今年2月に籍を入れ、8月に結婚式を行うことを、昨年のうちに決めていたようで、私としては、どうして入籍直後に式を挙げないのか不思議でしたが、まさか入籍後の春先にコロナ騒動が降って湧くとは知らず、むしろ、先見の明でもあったのかもしれません。

Photo_20200824192101 ですが、私の知っている結婚式とは、だいぶ違っておりました。

挙式・披露宴は親族のみ。すなわち、新郎側3名と新婦側5名と御両人の計10名だけによる、ある意味純粋な結婚式でありました。

式では、神父も周りの付き人もみんなフェイスシールドを着用し、列席者はマスク着用です。

披露宴では、会社同僚や友人などの列席はないため、余興など一切なく、新郎側のテーブルと新婦側のテーブルの2テーブルのみの、いささか寂しい宴でありました。

式は浜松で執り行われましたが、新婦は埼玉県出身でしたので、新婦御両親は車にて来浜し、前泊及び当日泊をして、帰られました。

私としては式の翌日に、浜松市内をご案内したかったのですが、相手側が躊躇しており、それもかなわず、これといったおもてなしもできずに終わったのです。

両家の行き来は、コロナ禍が落ち着いてからということになりました。

« 874.「暑さ日本一のまち」補足 | トップページ | 876.長崎遠征のご報告-その1- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 874.「暑さ日本一のまち」補足 | トップページ | 876.長崎遠征のご報告-その1- »