2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年9月 7日 (月) | トップページ | 2020年9月14日 (月) »

2020年9月10日 (木)

2020年9月10日 (木)

879.屋久島チャレンジへの道・続報

屋久島遠征の日程ですが、変更することにいたしました。

1ヶ月後ろにずらして、10/26・27・28といたしました。これなら台風の心配は少なく、口永良部島へのフェリーでの往復も、波が荒くなることも確率的には低くなることでしょう。あとは、私の普段の行いを清らかに正しくして臨めば、運は我が方に味方してくれることでしょう。

9/7(月)にブログをアップしたあとに決断して、その日の午前中には、飛行機・レンタカーの変更は終了いたしました。飛行機関連では、前述の記事で見込んだ以上の8,480円の増額負担となりましたが、これはこの夏に降って湧いた政府のGoToトラベルキャンペーンによる‘お小遣い’で賄うことができそうです。

宿泊先の宮之浦のビジネスホテルへは、9/7の夕方に電話を入れて変更いたしました。今回の大型台風10号は、屋久島へは9/6(日)の昼間から夜間に襲来しており、その翌日午前中というのは、さすがに手控えたものの、9/8からの宮城遠征の出発前には、手配を済ませておきたかったため、現地の様子を伺いがてら宿泊日の変更を申し入れた次第です。屋久島は、半日ほどの停電こそしたものの、そんなに大きな被害は生じなかったそうです。

10/26から28の2泊3日ですが、初日は屋久島への移動にあてる日であり、いわゆる前泊というものです。

これも、セントレアまでの空港バスが未だ運休中のため、自宅からのマイカーによる移動による静岡・鹿児島往復便を申し込んだのですが、FDA側が客数が少ないことを理由として往路欠航としたために、急遽往路のセントレア発を手配し、往路のセントレアまでは東海道新幹線・名鉄線にて、復路の静岡空港からは空港バス・東海道線と、ある意味面白いコースとなりました。

おまけに、FDA側の往路欠航補填として、自宅からセントレアまでの列車と飛行機代は30,000円を上限として補填していただけるという事が判り、往路45割12,500円の支払いで、東海道新幹線1,550円・名鉄特急2,030円及び中部・鹿児島便スーパーバリュー45K13,940円の計17,520円を補填してもらえるようです。支払額以上の手厚い補填をしてもらえるようで、何だか得をした気分です。

最後に、GoToトラベルキャンペーンについてですが、私の場合、元々そのようなものがなくても趣味の旅は実施するわけでして、何ら旅行需要を喚起したものに呼応したわけではありませんが、貰えるものはありがたく貰っておこうというスタンスで、これに対応してみました。

これまでに、7/28・29及び8/4の東横イン、8/5のルートインの計4泊分は還付申請として、8/17付けで申請済みであり、推計7,700円が還付される予定であります。(これらは、申請後2ヶ月を目途に振り込まれる予定)

8/25・26で連泊した島原東洋パークサイドホテルは35%引きで支払っており、これのお得額は3,080円でした。さらに、只今実施中の宮城遠征ではルートインに2泊する予定であり、これのお得額は2泊で4,199円であることが判っております。

ここまでの、お上からの‘お小遣い’は、14,900円ほどになり、何やかやとおいしいキャンペーンであると喜んでおります。

(9/11追記)

宮城遠征を終えたばかりの9/11に、ANAより10/26便の欠航の通知メールが届きました。はてさて、本当に屋久島遠征が実施できるのでしょうか?どのように対応したかは、追ってお知らせしたいと思います。

« 2020年9月 7日 (月) | トップページ | 2020年9月14日 (月) »