2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年9月14日 (月) | トップページ | 2020年9月20日 (日) »

2020年9月17日 (木)

2020年9月17日 (木)

881.宮城遠征のご報告-その2-

屋久島に本当に行けるのか、気がかりな方もおられるかと思いますが、何とか損をしない方法を考え付きましたので、ご心配なさらぬようお願いいたします。このことにつきましては、今回の宮城遠征のご報告と関西‘落ち穂拾い’&‘マルチ捕り’局メグのご報告が終了しましてから、改めてお話しさせていただきたいと存じます。

それでは先日の宮城遠征の二日目・最終日のご報告であります。

二日目は、東松島市矢本・石巻西部より女川・雄勝・北上の三陸南端沿岸部、その後西進し、河北・涌谷・松山・鹿島台・南郷、最後は松島北部にて終了しました。女川・北上などの震災復興工事中の道路状況がナビの案内と一致せず、このあたりで時間を取ってしまい、最後の南郷・松島北部は必須でしたので、涌谷局のあとは、小牛田局・松山局の小回りで済ますBプランといたしました。計20局であります。

Photo_20200916163101 8局目の雄勝局は、まだ仮設店舗でしたが、建設中の市役所雄勝総合支所近くに移転のようです。女川局と北上局は、すでに移転オープンしておりました。

大震災時の逃げ遅れによる津波被害で多くの犠牲者が出た旧大川小学校跡地にも、足を運ぶ予定もあったのですが、前述のとおり女川から北上において時間を要してしまったため、これは割愛いたしました。

最終日は、宿泊地最寄りの石巻河南インターより三陸自動車道にて歌津インターまで進み、南三陸町の3局を廻ったあとに、登米市南部・涌谷北部・美里町小牛田を経て、大崎市古川に出来た‘落ち穂’である志田簡易局を拾い、最後は約23㌔移動して栗原市築館での4局をメグって終了としました。計23局でした。

南三陸町には震災以来休止中の歌津局が、来年度には再開するとの話があり、ここはもう一度訪問することになります。

21局目の伊豆町簡易局では、山形県や高知県などでいただいた例の栞をいただけたのですが、栗原市のマスコットキャラクター‘ねじりほんにょ’が描かれておりました。

さて、今回の宮城遠征では、三日間で55局を廻り累計を397局とし、宮城県の残りが28局となり、いよいよリーチがかかりました。10月中旬に、宮城県完訪の旅を実施する予定でありますが、完訪記念にマイカーで訪問しようかと考えております。

※写真は、登米市登米郵便局。登米市の読みは‘とめ’、登米郵便局の読みは‘とよま’です。こういうねじれはマニアには堪らないです。(同様のねじれの例として、千葉県山武(さんぶ)郡と山武(さんむ)市があります。)

« 2020年9月14日 (月) | トップページ | 2020年9月20日 (日) »