2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 881.宮城遠征のご報告-その2- | トップページ | 883.屋久島チャレンジへの道・さらなる続報 »

2020年9月20日 (日)

882.関西5府県‘落ち穂拾い’&‘マルチ捕り’局メグのご報告

9/18(金)に実施した、滋賀県から京都府・大阪府・和歌山県経由の奈良県までの関西5府県跨ぎ局メグのご報告であります。

‘落ち穂拾い’なのは、2局目の京都ゼスト御池内郵便局と4局目の大阪平野駅前郵便局の2箇所です。もちろん‘マルチ捕り’(‘44’マルチと‘41’マルチ)も兼ねております。

‘マルチ捕り’なのは、1局目の幸津川(さつかわ)郵便局(‘46’マルチ)と3局目の大阪平野北郵便局(‘40’マルチ)及び5局目の橋本城山台郵便局(‘47’マルチ)と6局目の五條二見郵便局(‘45’マルチ)の4箇所です。

1局目の幸津川局と6局目の五條二見局は、それぞれ滋賀県と奈良県のラストとなった局(=完訪局)でしたので、いわゆる‘御礼参り’であります。

幸津川局は、約10年ぶりの訪問でしたが、ポスト型はがきはあいにく切らしており、もともと風景印は配備しておらず、千円貯金のみでした。この後、琵琶湖大橋経由で京都市内へ入りました。

Photo_20200920132301 京都ゼスト御池内局は、京都市営地下鉄東西線の京都市役所前駅の地下街にありましたが、マイカーを地下駐車場に適当に止めて、地下街に出てみると、見事に局前に出ることができて、幸せいっぱいな気持ちになりました。

その後は、無料優先で検索したナビの示す通り、国道1号・大阪内環状線にて約2時間半(休憩10分込み)ほどで大阪平野北局に着きました。完訪済みの府県における沿線風景は、いわゆる領地巡回であり、どこかしら懐かしい感覚になるものです。

大阪平野北局のあとは10分ほどで大阪平野駅前局に到着し、千円貯金とポスト型はがきの購入を済ませました。ここまでで予定より20分ほど遅れております。

その後は、和歌山県のかつらぎ広口簡易局を予定しており、ナビの通りに進むも、この簡易局は15時までの変則営業のため、これが間に合わないと判断し、スペアとして用意していた橋本城山台局を目指すことにしました。かつらぎ広口簡易局だと15:20着となるのに対して、橋本城山台局には15時前に到着したのでした。

最後となる五條二見局へは、20分ほどで到着しました。ここでは通帳の更新などもしてもらい、たっぷり20分以上は滞在させていただきました。(通帳NOは、109冊目から110冊目に)

風景印はないものの、ポスト型はがきは購入しました。実は、8年前に奈良県の完訪局として、ここの五條二見局にて、何か記念になるものはないかと‘ご当地フォルムカード’を所望した際に、それがなく、代わりにポスト型はがきを購入したのが、その後のポスト型はがきを収集するきっかけになった局なのでした。(NO.58 参照)

というわけで、無事に5府県6マルチ6局を訪問して、意気揚々と帰路に着いたのでした。自宅へは21時前に到着しました。総走行㌔は約630㌔でした。

※写真は、京都ゼスト御池内郵便局。

« 881.宮城遠征のご報告-その2- | トップページ | 883.屋久島チャレンジへの道・さらなる続報 »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 881.宮城遠征のご報告-その2- | トップページ | 883.屋久島チャレンジへの道・さらなる続報 »