2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 887.山陰遠征のご報告-その2- | トップページ | 889.島根県の完訪について »

2020年10月11日 (日)

888.〔稲生検定〕の答え合わせ

9/28に突如課した〔稲生検定〕でしたが、前の記事でも答え合わせができずにいましたので、ここでひとつの記事としてページを設け、解答してゆくことにいたします。

出題したのは9/28付けブログNO.884、ヒントを出したのは10/1付けブログNO.885の、いずれも冒頭でした。

問1.西ノ島での3つの郵便局の廻り順を、美田⇒浦郷⇒別府から、別府⇒美田⇒浦郷に変更したのはどういうことなのか?

ヒント:路線バス+徒歩⇒レンタサイクル

答え:路線バス+徒歩の予定から、レンタサイクルに変更したため。

当初は、別府港到着後すぐに、フェリーくにが接続の路線バスにて大津バス停下車後、美田局訪問、その後徒歩で浦郷集落の浦郷局へ、最後にフェリーおき接続の路線バスにて別府まで進み、取り急ぎ別府局に飛び込むというものでした。

別府港12:05着、西ノ島町営バス・隠岐汽船バス停12:19発⇒大津バス停、徒歩1分で美田局到着。美田局訪問後、徒歩にて浦郷へ。国道経由だと2.8㌔34分、集落経由だと4.2㌔50分。天候によってはタクシー利用も。浦郷局訪問後、町営バス・浦郷バス停14:52発⇒別府交通センターバス停15:15着。取り急ぎ別府局に向かい訪問をすまし、別府港に戻り15:45発のフェリーおきに乗船。

Photo_20201009103601 このプランだと、別府での行動が大変慌ただしいので、場合によっては、浦郷からのタクシー利用も考えていました。

ということで、今ひとつしっくりしないまま、先人達のHPを閲覧したりして情報収集を試みていたのですが、自分のHPの記録室・その13の閲覧を機に、島にはレンタサイクルがあるかもしれないとの思いが浮かび、調べたところ別府港に隣接の西ノ島町観光協会が、レンタサイクルの貸し出しをしていることを見つけました。西ノ島の現地滞在時間が3時間40分で、訪問すべき郵便局は3局のみ。これは楽勝です!

あとは、当日の天気で雨が降らないことを願うのみですが、実際には、二日目と三日目を入れ替えて、その条件をクリアしていったのでした。

問2.松江市の魚瀬(おのぜ)簡易局をなぜ再訪するのか?

ヒント:‘御礼参り’

答え:トイレを借りた‘お礼’をするために再訪した。

5年前に隠岐・松江遠征の三日目の1局目に訪問した際に、猛烈な便意をもよおし、周囲にコンビニ・公衆トイレなどが見当たらず、やむなく訪問先の簡易局のトイレを借りたもの。「地獄に仏」とは、このことで、松江市内を廻る際には、絶対に‘御礼参り’をしたいものだと、かねてより考えていました。

手土産の‘うなぎパイ詰め合わせ’を持って訪問させていただき、5年前の話をしたのですが、受託者さんは、残念ながら覚えていないとのことでした。まあ、こちら側の恩義を返すことができたということで、気が済みました。

前の記事で、その理由の分かるページをリンクしてあります。

というわけで、突然の出題となった〔稲生検定〕の答え合わせを終わらせていただきます。

最後に、屋久島遠征のための静岡・鹿児島空路便のことですが、山陰遠征中の9/29にFDAより連絡が来て、往路便の欠航が決まりました。したがって、往路のみ新幹線により鹿児島中央駅まで、そこから空港バスで鹿児島空港に向かうことになりました。

往路の運賃・料金は、FDAにすでに支払い済みの12,500円だけで、新幹線代・空港バス代は建て替え払いとなり、結果的に格安の新幹線乗車が出来ることになりました。

※写真は、隠岐汽船の創立125周年記念品。10/1に乗船した客だけに配ったようです。これはラッキー!!

« 887.山陰遠征のご報告-その2- | トップページ | 889.島根県の完訪について »

郵便局めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 887.山陰遠征のご報告-その2- | トップページ | 889.島根県の完訪について »